画像

写真拡大 (全2枚)

 マーべリックは、折込広告などオフライン広告で活用できるエリアマーケティングシステムを開発した。同システムでは、同社の持つデータと公的なデータをもとにヒートマップを作成することができる。

 DSPの開発・販売などを行うマーベリックは、自社開発のビッグデータ解析技術を活用し、折込広告などオフライン広告で活用できるエリアマーケティングシステムを開発した。

 同システムでは、同社が持つWeb広告リクエストデータおよびDMPのデータ、そして公的なデータを掛けあわせ、ヒートマップとして表示することが可能になった。

 また、「世帯主年収」「世帯主年齢」「家族構成」でセグメントを行って表示することもでき、広告主の用途によって新たな情報を取り込み、エリアターゲティングの精度をあげることも可能だ。

MarkeZine編集部[著]