写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャストシステムはこのほど、「窓口対応に関する実態調査」の結果を発表した。調査は6月25日〜27日、全国の20〜60代の男女1,119名を対象に、インターネットで行われた。

直近1年間に、役所や銀行、病院、旅行会社や交通機関といったいずれかの店頭窓口を利用した人に、窓口の対応について聞いたところ、最も対応が良かった窓口は「旅行会社」、逆に最も対応が悪かった窓口は「警察署」となった。

また、窓口対応を人工知能やロボットなどに置き換えることについて、「置き換えたい」と回答した人の割合が最も多かったのは「役所」で16.2%、次いで「携帯キャリアの店頭窓口」で15.3%という結果に。

さらに、役所の窓口業務に関しては「もっと多くの手続きをネットやアプリなどで済ませられるようにしてほしいと思う(37.2%)」という意見が、携帯キャリアの店頭窓口については「説明がわかりにくく、理解ができずにストレスを感じることがある(21.7%)」という人の割合が、それぞれ他の窓口よりも高い割合を示した。

そのほか、「交通機関の窓口」に関しては、人工知能やロボットに「置き換えたい(15.1%)」「置き換えられる(20.3%)」「置き換えても良い(28.1%)」と回答した人の合計がもっとも高く6割を超え、逆にもっとも低かった窓口は「病院」だった。

(CHIGAKO)