マジで!? お嬢さまが絶対買わないもの3選 「●●が貼ってある商品」ほか

写真拡大

「お嬢さま」と呼ばれる女性に持っているイメージは、人それぞれちがうとは思いますが、「上品」「けち臭くない」など、ポジティブな要素を思い浮かべる人も多いでしょう。それは男性だって同じこと。「付き合うなら、お嬢さまタイプの女の子がいいな」なんて男性もいることでしょう。そこで今回は働く男性たちに「お嬢さまだな」と感じる女性が「買わないもの」について聞いてみました!

■ファストファッション

・「お嬢さまなので、低価格ブランドの衣類は買ったりしないと思います」(32歳/その他/その他)

・「ユニクロなどの、ファストファッションの服」(35歳/その他/その他)

・「ユニクロなどの市民にメジャーなブランドの服」(27歳/食品・飲料/その他)

・「安物の靴! 絶対に買わなさそう。靴にはかなりこだわりがありそう!」(32歳/ソフトウェア/その他)

お金はないけどおしゃれしたい! という女性の心強い味方、ファストファッションですが、やっぱり、お嬢さまは買わないでしょうね……。高価格で高品質な衣服を身に着ける、それでだいぶ印象は変わりそうです。

■値引きされているもの

・「割引シールが貼ってある商品、総菜」(30歳/ソフトウェア/技術職)

・「たまごなどの特売日の食料品や半額の品」(33歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「食品関係で、おつとめ品や、お徳用パックとかいったものは購入されないかと。より新鮮なもの、高品質なものを求める傾向にあるイメージです」(26歳/医療・福祉/営業職)

・「スーパーで19時以降残っているお総菜の値引き品」(33歳/運輸・倉庫/その他)

値引きは、何も事情がなければ、普通しないものです。値引きされるイコール、その品物が正規のものより劣化しているパターンがほとんど。お金があるなら、まずそんなものには目もくれないのかもしれませんね。

■安い化粧品

・「ダイソーなどのお店で売っている化粧品。高級化粧品しか使わなそうだから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「ドラッグストアの化粧品。肌に悪いとか言いそうだから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「安物の化粧品などは買わない。デパートの化粧売り場が最低ライン」(33歳/不動産/販売職・サービス系)

・「百均の化粧品。とにかく安い化粧品」(33歳/その他/その他)

安物の化粧品にも大変に優秀なものはありますが、中には、お肌を痛めつける添加物、化学物質の多いものもあります。逆に、ブランドコスメなら、お肌への影響は安心できますからね。お金があるなら全部ブランド品で統一したい、という女性も少なくなさそうです。

■まとめ

自分を少しでもお嬢さまに見せたいのであれば、買うものにも注意が必要ですね。何気ない買い物も、男性たちをがっかりさせるポイントになっているかもしれません。無理をしてお財布事情を苦しくする必要はありませんが、ちょっと背伸びしたいときは、身につけるもの、食べるものに気を付けたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数男性203件(25歳〜35歳の働く男性)