写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ファーウェイは6月26日〜29日、中国本社のキャンパスツアーや法人向けICTソリューションの成長戦略について説明するメディア・ツアーを開催。中国・深セン市の本社キャンパスなどを公開した。

○本社キャンパスは広大な敷地で街を形成

本社キャンパスは中国・深セン市北部郊外の坂田 (バンティエン)地区にあり、東京ディズニーランドの約4倍にあたる200万平方メートルの広大な敷地を有している。ここでは、約5万人を超える従業員が働いている。

本社は1998年から2004年にかけて建設、A〜K地区に分かれており、全体で1つの街を形成する。建物としては、本社機能を持つ経営管理センター、社内データを保有するデータセンター、R&Dセンター、試験センター、物流センター、研修センターなどのほか、百草園(バイ・ツァオ・ガーデン)地区には社員向けの寮約3000室や病院、ホテルなどもある。

R&Dセンターには展示ホールもあり、ファーウェイのソリュー ションおよびデバイスが展示されている。

○創業地

深セン市南山区にはファーウェイの創業地が現在も残っている。創業者兼CEOである任正非(レン・ツェンフェイ)氏は1987年、当時勤めていた企業の社宅であったこの場所で仲間6人と創業。当時は電話交換機の輸入販売を行っていたという。現在は別の人が住んでいる。

○生産拠点松山湖工場

本社近郊の東莞市(とうかんし)松山湖の工業団地には、同社の世界で唯一の生産拠点「松山湖工場」があり、21000人の従業員が勤務している。ここでは、サーバ、ストレージ、スイッチ、ルータなどを生産している。近く、R&Dの一部も移転してくる予定だという。

ここでの生産は2009年から開始。建物の設計は日本の企業が行った。日本式のQC(Quality Control)を取り入れ、工場内には「KAIZEN(改善)」の文字もある。社員からの改善提案を促進し、報奨金制度も設けている。毎月、日本のコンサルタントによるチェックも行っているという。その効果で、近く、1ラインでの1日あたりのサーバ生産台数を1500台から1800台に引き上げる予定だという。日本式を取り入れているのは、CEOが日本人の匠の技術に敬意を払っているためだという。

(丸山篤)