ベルリンでワールドプレミアされたばかりの2代目ポルシェ・パナメーラの予約受注が日本でも7月28日から開始されます。

グランツーリスモという位置づけのパナメーラの新型パナメーラは、フルモデルチェンジにふさわしい陣容で、エンジンとトランスミッション、シャーシも見直され、室内のディスプレイと操作系も先進ぶりを感じさせるものに。

1

さらに、リヤアクスルステア、アクティブロールコンペンセーション、3チャンバーエアサスペンションなどを装備することで「スポーツカーと快適なクルージングカーの境界を飛び越える」とした意欲作になっています。

エンジンは高い出力と重低音の効いたサウンドを備えた新しいV6とV8ツインターボ。

2代目パナメーラではエンジンを再設計されていて、いずれのエンジンもパワーアップしながら燃料消費量とエミッションを大幅に改善。

「パナメーラ・ターボ」、「パナメーラ4S」には新しいツインターボ直噴エンジンを搭載し、すべてにフルタイム4WDと新しい8速ポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)が組み合わされています。

「パナメーラ・ターボ」のV8ガソリンエンジンは550ps、パナメーラ4SのV6ガソリンエンジンは最高出力440psを発揮。

外観は、911のテイストが色濃く盛り込まれているうえに、長くてダイナミックなプロポーションと目を引くショルダー、 力強いサイドパネル、そしてリヤを20 mm低くしたことで引き締まったルーフラインによりパナメーラらしさを主張。

見どころのひとつであるインテリアは、スマホやタブレットの見やすさ、そして直感的な操作体系を採用した最新のインフォテインメントに進化しています。

最近のトレンドである、従来のハードキーとメーター類を大幅に縮小し、新しい「ポルシェ アドバンストコックピット」の中央に設置されたタッチパネルと個別に設定可能なディスプレイに変更されています。

気になる価格は、ポルシェ・パナメーラSが1591万円、パナメーラ・ターボが2327万円となっています。

(塚田勝弘)

2代目にスイッチした新型ポルシェ・パナメーラの予約受注を早くもスタート(http://clicccar.com/2016/06/30/382508/)