平均パット数1位の申ジエ 特に“ここ一番”のクラッチパットはまず外さない!(撮影:上山敬太)

写真拡大

 「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。
【関連】ボミ、ハヌルとの三つ巴を制したほけんの窓口フォトギャラリー
 平均パット数で1位に輝いたのは「ニチレイレディス」で史上3人目となる3連覇を達成するなど前半戦で2勝を挙げた申ジエ(韓国)。天気やコース、自身の調子によってクラブを変えるジエらしく、初勝利の「ほけんの窓口レディス」では『オデッセイ ヴァーサ 2・Ball ホワイト』を、ニチレイ-では『オデッセイ ワークス 5CS』とそれぞれ違うのパターでこの数字を叩きだしているのが興味深い。
 2位には日本が誇るパット巧者の鈴木愛。3位の渡邉彩香はまだ前半戦とはいえ、昨年の12位から大きくジャンプアップ。4位には賞金ランク1位を快走中のイ・ボミ(韓国)が続いている。
【平均パット数ランキング】
1位:申ジエ 1.7611回
2位:鈴木愛 1.7630回
3位:渡邉彩香 1.7631回
4位:イ・ボミ 1.7652回
5位:柏原明日架 1.7767回
6位:原江里菜 1.7825回
7位:キム・ハヌル 1.7931回
8位:笠りつ子 1.7947回
9位:吉田弓美子 1.7973回
10位:全美貞 1.8004回

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】風への強さか、狙える武器か…申ジエが最終日に選択したクラブは?
【WITB】申ジエが同週に導入した和白と相性抜群のドライバーとは?
「私はただのロボット(笑)」イ・ボミが語る“チームボミ”の強さ
こだわる理由、変えた理由…ツアー現場のギア“裏ネタ”
前半戦の激闘を写真で振り返る!