オバ顔まっしぐら!? 若作り認定される「間違いだらけのメイク」3つ

写真拡大

鏡を見て、しっかり時間をかけてメイクして、さあバッチリ! いつも通りメイクもできて、自分的にはなんの違和感もない……。

でも、あなたのそのメイク、学生時代から変わっていない、なんてことないですか? バッチリ決まったと思っているのは、もしかしたら自分だけかもしれません。

今回は海外の情報サイト『Health』などを参考に、“若作りと思われても仕方ない間違いだらけのメイク”3つをご紹介します。

少しでも心当たりのある人は、さっそくチェックしてください。

■1:ファンデーションの厚塗り

くすみが気になる、シミが気になる、毛穴が目立つ……と、年齢を重ねるごとに肌トラブルは増えていきます。

しかし、それらをすべて消そうとしてファンデーションを厚塗りしてしまうと、じつはかえって逆効果なのです。

厚塗りしたことで、ほうれい線や小じわにファンデーションが無駄に入りこんで線を目立たせます。笑うたびにそれらはくっきりと浮き出てきて老け顔をさらけ出すことになます。

コンシーラーやコントロールカラーをポイント使いするなどして、顔に載せるものはなるべく薄く軽くするといいでしょう。

■2:濃い色の口紅

仕事ですから、きちんとした印象にすることは大切です。

だからと言って、リップペンシルで輪郭をしっかり描いてから中を濃い色の口紅で塗っていくというやりかたは、一昔前のメイクの仕方です。

ペンシルで口角を際立たせるのは若々しい口元を作るのに欠かせませんが、それ以外は色つきグロスで少しぼかした方が自然な感じがして若さを感じます。

もちろん、カサカサに乾燥したくちびるは論外。しっかり保湿してぷるぷるのくちびるをキープしましょう。

■3:目元キラキラメイク

アイシャドウにブルーやパープルを使ったり、キラキララメが入っていたり……。

若かった頃はそれでよかったかもしれませんが、そろそろやめましょう。かえって目の周りの小じわを目立たせてしまいます。

むしろ、マットな肌馴染みのいいアイシャドウを使った方が健康的な目元をつくれます。

同じ理由で、黒いリキッドアイライナーやマスカラで目元を強調しすぎるのもNG。かえって目元のシワに注目を集めてしまうのでお勧めしません。

以上、“若作りと思われても仕方ない間違いだらけのメイク”3つをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

もしかしたら、学生時代のメイク、または新入社員の頃に覚えたメイクではそろそろ通用しなくなってきていませんか? ちょっとした工夫で、今っぽい、歳を感じさせないメイクができるのですから、すぐに試してみましょう!

無理に若づくりするのはかえって老けた印象を与えてしまいます。ご注意を!