「頭がよくなる薬」が見つかる:米大学

写真拡大

テキサス大学の研究によって、メチレンブルーという物質が人の記憶力を高めることがわかった。認知障害や認知症の治療に役立つ可能性がある。

「「頭がよくなる薬」が見つかる:米大学」の写真・リンク付きの記事はこちら

メチレンブルーの経口投与が、短期記憶と集中力をコントロールする脳の部位の働きを増大させることが示された。物忘れに悩む人々の治療の実現に1歩近づくかもしれない。

メチレンブルーは、酸素を効率的に組織に届けられない疾患であるメトヘモグロビン血症の治療に用いられる物質だ。また、手術用の染色物質として用いられることもある。

動物実験では、1回のメチレンブルーの低用量投与によって「文脈記憶」が高まることが示されている。文脈記憶とは、ある記憶とその背景を意識的に思い出すタイプの記憶ことを指す。それは「消失記憶」の改善にもつながる。これは、例えばある歌や臭いがきっかけとなって思い出されるタイプの記憶のことだ。

「メチレンブルーの記憶力増強効果は1970年代に齧歯類の実験で示されていましたが、その根底にあるメカニズム、記憶力の改善をもたらす脳内神経細胞の変化や、短期記憶と集中力の維持に対するメチレンブルーの効果は研究されてきませんでした」と、論文の著者であるテキサス大学のティモシー・ドゥオンは言う。「わたしたちのチームは、人におけるメチレンブルーの効果を調べる、初のMRI研究を行うことにしたのです」

810

fMRI(functional MRI:磁気共鳴機能画像法)の結果によって、記憶の処理をコントロールする脳の前頭前皮質、および感覚情報の処理を行う頭頂葉の働きがメチレンブルーによって高められることがわかった。この2つは短期記憶の処理に関係する部位である。

臨床試験には、22〜62歳までの計26人の健康な人々が参加した。参加者は低用量のメチレンブルーか対照実験用の効用のない薬を服用し、服用前と服用の1時間後にfMRIスキャンを行った。

その結果、メチレンブルーは島皮質と呼ばれる脳の領域の反応を増加させた。この領域は脳の深い部分にあり、感情の働きに関与している。さらに、記憶の処理をコントロールする前頭前皮質、知覚情報の処理を行う頭頂葉、視覚情報処理の中枢である後頭皮質といった、短期記憶を取り出す際に働く部位の反応も(メチレンブルーによって)高められることが示された。

今回の研究結果は、たった1回のメチレンブルーの投与によって、集中力の維持と短期記憶に関係する脳の働きを改善できることを示唆している。

「この研究は、今後のメチレンブルー研究の基盤を築くものです。老化、認知障害や認知症の治療、そのほか記憶力が必要とされる場面で役立つでしょう」とドゥオンは言う。研究結果は『Radiology』誌で発表されている。

RELATED