1つでもあれば要注意!不倫経験者に「染み付いているクセ」3つ

写真拡大

あなたは、“不倫”と聞いてどんなイメージが浮かびますか? 甘美な誘惑、小説やドラマの中だけの話、けじめがない……人によって様々だと思いますが、実際、不倫にはまってしまう女性も少なからずいますよね。そのシチュエーションも様々。

『WooRis』の過去記事、「3位“お酒の勢いで”に圧勝!2割の主婦が不倫をした理由1位は」でも、お酒の勢いや刺激欲しさなどで、不倫にはまる女性の声をお伝えしましたが、今回、未婚・既婚問わず、複数の不倫経験者に取材してみたところ、赤裸々なホンネがあがってきました。

それらをまとめてみると、不倫にはまる人には”ある特徴”がある事が発覚! そこで今回は、経験者達のリアルな声、そして、この手の相談をよく受けているという知人の心理カウンセラーの意見等も参考に、“不倫経験者に染み付いているクセ”についてお伝えします。

 

■1:自分こそが正しい

「好きで不倫したわけではない。旦那が仕事で忙しく、夫婦の時間はないし、私にかまってくれないのがいけない。全て旦那の責任」

自分のことばかりで、物事を”自分の視点からしか見られない”タイプは、実は危険度大! 被害者意識が強く反省しないこのタイプは、簡単に不倫にはまりやすいようです。

当然の話ですが、物事には必ず原因があって結果があります。そして、原因が一つだけの場合は少なく、様々な要因があるのです。上記で言えば、旦那がつれないのは仕事だけが理由とは限りません。妻に何か足りないところや努力できる点はないのかも考える必要があるのに、それを放棄しているのです。

このように”他人の感情を認識できない”、または“気付こうとしない”タイプは、相手が気持ちを伝えても理解できない可能性も高く、非常に厄介です。

また、このタイプは仮に一見おとなしそうでも、自分が賞賛される事を過剰に要求する傾向があります。なので、異性に賞賛されると、コロッといってしまう場合も多く、不倫にはしりやすいのです。

 

■2:虚言癖がある

「”外資系企業の秘書をしていて、年収1千万以上の男性しか付き合った経験がない”と、会う人ごとに話すCさん。一見だまされるんだけど、彼女と付き合いが長い知人達から、”実際は秘書の経験はないし、口からでまかせしか言わないので、気を付けて”と言われてから、深入りしないよう注意している。

ハイスペックな既婚男性と不倫を繰り返していて、彼は私にベタ惚れだから、絶対結婚できるという話を何度か聞かされたけど、幸せになれそうな気配はゼロ」

虚言癖がある人も、不倫にはしりやすいようです。自分の能力以上の言動が多い、誇大性が強い人は”認められたい”気持ちが強いので、既婚者でもハイスペックなら自分にふさわしく自慢できる相手なので、あっさりいってしまう傾向があるようです。

 

■3:衝動性が強い

「昔から欲しいものは全て手にいれてきた。モテる方なので、いいと思った男性とは必ず付き合ってきた。既婚者でも、良いと思えば自分のものにしたい」

力強くて見方によってはポジティブなのですが、このタイプも実は危険な可能性が。充分な冷静さも持ち合わせていれば良いのですが、場合によると、衝動的になりがちなのです。

また、人間関係はともかく、お金には困らず、好きなものを何でも手に入れてきた場合も同様。欲しいものがあると、我慢できない。衝動性が強く、感情のコントロールがききにくいので、一時の感情に流されやすい危険性があります。

特徴の一つとして、これらのタイプは浪費癖がある場合も多いのだとか。衝動性が強いと感じる相手は注視しておきましょう。

 

■4:こうしたらこうなると、予測して行動できない

「これをしたら、当然こうなる」というのは、少し考えれば分かる事ですが、不倫にはまるタイプは、それが考えられないのです。そして、これは必ずしも学歴とイコールではありません。

「本来、賢いはずの人が何故?」というのは、結構ありがちなパターン。

「高学歴で容姿端麗のB子は、いつも不倫にはまってしまう。普段はとても賢いのに、恋愛の事になると、”こうしたらこうなる”という近い将来の予測ができなくなってしまうのが不思議」

恋愛にはまると、周囲が見えなくなってしまうタイプがいますが、不倫の場合、はまった後、良い結果になる事は少ないですよね。でも、それを考えずに突き進んでしまう人は少なくありません。男女問わず、「今が良ければ良い」と流される、近未来が予測できないタイプは危険要素大!

日頃の発言や行動の中に、こういう要素が見え隠れする相手には注意が必要です。

 

いかがでしたか?

不倫経験者に多い口癖が「”やってはいけない”と分かってはいるけど、止められない」。人間は、禁止されればされる程、余計に欲する傾向があります。ただ、不倫の場合、失うものが非常に大きいのに対して、得られるものは少ない(全くない場合も多々)のが現実。

また、不倫は繰り返される傾向もあります。筆者知人の男性で、不倫相手と再婚した男性がいますが、結局、再婚後も彼は浮気を繰り返し、妻も密かに同じことをしている仮面夫婦もいます。

何にしても、極めて良い結果に終わりにくい”不倫”。巻き込まれない為にも、お伝えした情報も参考に、まずは、自分や夫のタイプをよく見極めて、注意しておきましょう。

(ライター 秦野理恵)

 

【関連記事】

※ 不倫を終わらせる時、既婚者側が気を付けるべきこと3つ

※ 約8割の夫が妻にはナイショで…「不倫予備軍夫」の元カノとの繋がり

※ 3位親族との不仲、2位妻の不倫より!夫が「離婚したいと考える理由」1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 今しか手に入らない!こだわり抜いた「幻の美容オリーブオイル」とは

※ 72kgが51kgに!? さらに産後-10kgを経験したママもいる裏技ダイエット

※ 時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【姉妹サイト】

※ セックスレス不可避!? 帰宅後「夫がガッカリする妻のNG姿」3つ

※ 殺意を覚えた!? 3位タバコより「妊娠中イライラした夫の言動」1位は

 

【画像】

※ bee / PIXTA(ピクスタ)