29日、中国政府で対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の安峰山報道官は、中国が台湾との連絡・交流メカニズムを停止したことについて「責任は完全に台湾側にある」と述べた。資料写真。

写真拡大

2016年6月29日、中国政府で対台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室(国台弁)の安峰山(アン・フォンシャン)報道官は、中国が台湾との連絡・交流メカニズムを停止したことについて「責任は完全に台湾側にある」と述べた。中国新聞網が伝えた。

安報道官は「台湾の新しい執政当局は(『一つの中国』原則を体現した)『1992年合意』を認めず、両岸(中台)の話し合いによる政治基盤をぐらつかせている」と指摘。国台弁と台湾側の行政院大陸委員会、中国の対台湾交流窓口機関である海峡両岸関係協会と台湾側の海峡交流基金会との間の連絡・交流メカニズムの停止を招いた責任は完全に台湾側にあると述べた。(翻訳・編集/柳川)