29日、AFP通信によると、日米韓は28日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を想定したミサイル警戒訓練を米ハワイ沖で実施した。資料写真。

写真拡大

2016年6月29日、AFP通信によると、日米韓は28日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を想定したミサイル警戒訓練を米ハワイ沖で実施した。

北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返し行っている事態を念頭に行われた警戒訓練には、3カ国のイージス艦が参加した。北朝鮮の朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省は警戒訓練について、「米国主導による軍事的挑発」であると述べ、3カ国が「地域の平和と安定を妨げる覇権主義的な計画」を露呈したと非難した。また、米国と韓国は、高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍への配備についても交渉を進めている。

この報道に、米国のネットユーザーからは、「なぜあの常軌を逸した国が愚かな行動を起こすまで待っているんだ?」「日本も北朝鮮に向けてミサイルを発射して、マレーシアまで領土を伸ばせばいい」「米国が北朝鮮のミサイルを撃墜すれば、北朝鮮はミサイル発射をやめるだろう」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/蘆田)