アーセナル移籍報道に浅野「冷静になって考えたい」

写真拡大

[6.29 キリンチャレンジ杯2016 U-23日本代表 4-1 U-23南アフリカ代表 松本]

 アーセナルが獲得に動いているとする英メディアの報道を受け、FW浅野拓磨(広島)は試合後のミックスゾーンで「チームに帰ってから話し合いたい。チームに帰らないと、考えることもできない。話を聞いて、冷静になって考えたい」と、現在の心境を語った。

 浅野をめぐってはアーセナル以外にもアウクスブルクやザルツブルクなども興味を示しているとされる。今夏の去就が注目される21歳のストライカーは「海外に行くことがゴールじゃないけど、より自分のレベルを高めるために必要なら、そこにチャレンジしたい」と、海外挑戦への意欲も口にした。

 アーセナルというビッグクラブから興味を持たれたことについては「ちょっとビックリするけど、どこに行ってもできる自信は持っている」と力説。報道ではアーセナルへの移籍後、他クラブへレンタル移籍となる可能性も指摘されているが、「今ある環境で100%で頑張るだけ。どのチームに行ってもやることは一緒。どんな環境でも目の前の試合で頑張ることが大事」と語った。

(取材・文 西山紘平)


●リオデジャネイロ五輪特集