29日、韓国メディアによると、7月1日から来年6月までの排他的経済水域(EEZ)での漁獲量などを議論する日本と韓国の漁業交渉が物別れに終わった。これにより、7月から韓国の漁船は日本のEEZで漁業を行うことができなくなる。資料写真。

写真拡大

2016年6月29日、韓国・ソウル経済によると、7月1日から来年6月までの排他的経済水域(EEZ)での漁獲量などを議論する日本と韓国の漁業交渉が物別れに終わった。これにより、7月から韓国の漁船は日本のEEZで漁業を行うことができなくなる。

韓国海洋水産部によると、日韓当局は22日から3日間、2016年漁期の漁業交渉を行い、漁獲割当量や操業条件などについて協議したが、合意に至らなかった。

韓国側はタチウオの漁獲割当量を2150トンから5000トンに増やすよう求め、これが認められない場合は、韓国の領域で活動する日本の巻き網漁船のサバの漁獲割当量を減らし、操業禁止水域を新設するとの条件を提示した。これに対し、日本側は韓国漁船の違法操業に関連し、操業を認める韓国漁船の数を現在の206隻から73隻に減らすとの立場を示した。

交渉決裂により、韓国の漁船は2015年漁期が終わる6月30日までに日本のEEZから撤収しなければならなくなった。海洋水産部関係者は、「期限内に合意に至らなかったケースは過去に4回ほどあった」とした上で、「7月中に合意を実現し、漁船が活動できるようにする」と明らかにした。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「韓国漁船の活動が盛んな時期に交渉が決裂し、進入禁止になるなんて…。日本漁船の活動が盛んな時期に交渉をするべきだ」
「魚類保護システムは日本に学ぶべき」

「韓国も中国のように、日本に行って違法操業をしていたの?恥ずかしい」
「無理に合意する必要はない。日本人はサバをよく食べるが、タチウオはあまり食べない。日本の言いなりにはならないで」

「中国には白ニョン島を含む黄海漁場を差し出してカニやイカ、イイダコを絶滅の危機に追いやった。今度は日本に南海漁場を差し出し、タチウオやサバを見ることすらできなくするの?これが朴大統領の外交力?」
「韓国は日本に負けてばかり。要求を受け入れてもらったことなど1度もない」(翻訳・編集/堂本)