28日、俳優ユエン・ホンと女優チャン・シンイー夫婦のドイツでの結婚式について、「現地の古城内の貴重品を破損させた」とネット上で話題に。関係者が「絶対にありえない」などと否定した。

写真拡大

2016年6月28日、俳優ユエン・ホン(袁弘)と女優チャン・シンイー(張[音欠]芸)夫婦のドイツでの結婚式について、「現地の古城内の貴重品を破損させた」とネット上で話題に。関係者が「絶対にありえない」などと否定した。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

ユエン・ホンとチャン・シンイーは5月30日(現地時間)、南ドイツの観光地として知られるホーエンツォレルン城で豪華な結婚式を挙げた。しかしこの挙式について、「新郎新婦と出席者が城内の貴重な物品を破損させ、城側では激怒し、今後中国人はお断りとしている」との情報がネット上で拡散されていた。

これについて28日、チャン・シンイーのマネジャーが回答し、「絶対にありえない」と否定。式当日は大変慌ただしく、出席者でさえ城内を観光する時間は一切なかった。このため、物品を破壊するはずがないとしている。また、ホーエンツォレルン城の管理側もうわさを否定し、「今後も世界中の人々を歓迎する」とコメントを発表している。

チャン・シンイーのマネジャーは、「根も葉もないうわさ話を流した人の目的は不明だが、中国人がホーエンツォレルン城に嫌悪感を抱いて観光を避けるようになったり、中国とドイツの関係悪化を招くことにでもなれば、非常によくないことだ」と語り、事の重大性を指摘している。(翻訳・編集/Mathilda)