【警告】日本=なし 南アフリカ=ムバロ(60分)、メコア(66分)、モセメディ(82分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】中島翔哉(日本)

写真拡大 (全5枚)

[キリンチャレンジカップ2016]日本4-1南アフリカ/6月29日/アルウィン
 
【U-23日本代表・総評】 6
立ち上がりから積極的にプレッシャーをかけ、素早い切り替えから速攻を狙った。PKで先制点を献上したものの、中島の同点弾で勢いに乗ると、前半だけで3ゴール。ただ、48分に4点目を決めた後は、南アフリカに押し込まれる時間が続いた点は本大会に向けて反省点だろう。

【U-23 日本 対 南アフリカ PHOTO】中島、矢島の2ゴールと浅野のダメ押しゴールで圧勝!

 [個人採点・寸評]
[GK]
1 櫛引政敏 5.5
簡単なバックパスをキックミスしてCKを献上する不安な立ち上がり。24分にはシュートのディフレクションに鋭く反応して右手1本でセーブするも、PKは先に動いてしまいゴールを許した。
 
[DF]
2 室屋 成 6.5
アジア最終予選以来の代表でいきなりスタメン起用。故障明けもあって慎重な入りを見せたが、徐々に攻撃参加の回数が増え、チームの勢いを加速。素早い折り返しで矢島の得点をアシストした。亀川交代後は左SBに回ってユーティリティ性もアピール。
 
5 植田直通 6.5
大声を張り上げて全体の陣形を整えながら、ロングボールに対しては落下点に素早く回り込んで対応。フィジカルに長けたアフリカ勢にもまったく力負けせず、安心して見ていられた。
 
15 亀川諒史 5(67分OUT)
モレラのスピードに後手を踏み、29分にはロングボールを胸トラップで処理しようとしたところでハンドをとられてPK献上。状況判断、プレー精度ともに危なっかしさが拭えなかった。
 
20 中谷進之介 6(分OUT)
15年12月のイエメン戦以来の公式戦出場。17分、ゴール前でのシュートを身を挺してブロック。植田にリードしてもらう形ではあったが、重要な一戦でもソツなく守備機会をこなした。
[MF]
8 大島僚太 6.5(51分OUT)
中盤のプレッシャーが厳しくないことも手伝い、ボールキープから自在の配球で攻撃のタクトを振るう。中島の1点目の場面はエリア内への果敢な飛び出しからゴールをお膳立てした。
 
10 矢島慎也 6.5(79分OUT)
流動的にポジションを取りながら、精度の高いパスでチャンスメイク。オフサイドにはなったが、22分の浅野へのスルーパスは鮮やかだった。中島に負けじと自らも「10番御礼」のゴールを挙げる。
 
11 野津田岳人 5.5(HT OUT)
20分、ゴール前のこぼれ球に反応するもシュートはGKの好セーブに阻まれる。前線からの精力的な守備は評価できるが、気合いが空回りした感が強く、アピールし切れなかった。
 
17 井手口陽介 6(HT OUT)
味方のミスをカバーするボール奪取がキラリと光る。とりわけスライディングタックルが効果的だったが、強いて言えば攻守の切り替えにもう少し絡みたかったところだ。
 
[FW]
MAN OF THE MATCH
13 中島翔哉 7.5
この日、ピッチで「一番の違いを出した選手」。プレーに躍動感があり、序盤からエンジン全開でゴールに迫った。ボールを失わない足もとの技術、創造性、シュート力を披露し、手倉森ジャパンの主力たる所以を示した。
 
16 浅野拓磨 6.5(59分OUT)
自慢のスピードが世界レベルであることを改めて証明。DF2枚を引きずりながら間を割る力強いドリブルも見せた。得点シーンは相手のミスもあったとはいえ、欲していた結果を残した点は価値がある。
[交代出場]
MF
7 原川 力 5.5(HT IN)
試合の入りはボールを捌いて攻撃を促したが、時間が経過するにつれてトーンダウン。同じタイプの大島が活躍した分、それに太刀打ちできるだけのインパクトはなかった。

MF
18 伊東純也 5.5 (HT IN)
手倉森ジャパンでの公式戦デビュー。自慢のスピードでスペースに走り込んで攻撃を活性化し、2トップの一角、右サイドハーフと2ポジションをこなしたが、ラストアピールとしてはパンチ力不足か。
 
DF
6 橋本拳人 5.5 (51分IN)
原川が攻撃に軸足を置く分、一歩引いてバランスを取る。ただ、その代償として持ち味のダイナミックさが半減してしまった。見せ場は66分に中盤から放ったミドルシュートくらいか。
 
MF
14 豊川雄太 5.5(59分IN)
FWとサイドハーフでプレーし果敢にスペースを狙うも、守備網に引っかかってしまい、カウンターは不発。88分に松原のクロスに合わせた渾身のヘディングシュートも相手GKの好セーブに阻まれた。
 
DF
4 松原 健 5.5(67分IN)
室屋と同様、アジア最終予選以来の出場。攻撃では88分にピンポイントクロスでチャンスを作った一方で、南アフリカに押し込まれる時間が続いた守備では後手を踏んだ印象が否めない。
 
FW
9 鈴木武蔵 ― (79分IN)
前日練習で別メニューの時間帯もあり状態が心配されたが、“最後のカード”として登場。2トップの一角に入り、相手の最終ラインと駆け引きしながら何度も裏を狙って仕掛けた。
 
監督
手倉森誠 6
国内でのラストゲームを勝利で飾る。指揮官としては、「10番」争いを煽った中島と矢島が活躍した点はしてやったり。しかし、交代カードがこぞって結果を残せなかったのは物足りなさが残る。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。