浅野は前半に1アシストをマークし、後半には自らゴールネットを揺らした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 国際親善試合のU-23日本代表対U-23南アフリカ代表は6月29日、松本平広域公園総合球技場で行なわれ、4-1で日本が逆転勝ちを収めた。

 立ち上がりは、一進一退の攻防。南アフリカの巧みなボール回しに翻弄される場面もあった日本は30分、亀川がペナルティエリア内でのハンドを取られPKを献上。これを決められ、先制点を許す展開に。

 しかし日本は、37分に矢島からのパスに反応した大島が最終ラインの裏に抜け出し、中島にラストパス。これを中島が押し込んで同点とする。

 さらに、日本は44分に大きなサイドチェンジからチャンスを広げ、矢島、室屋とつなぎ、折り返しを矢島が押し込んで逆転に成功。前半アディショナルタイムにも、相手のクリアボールを奪った浅野からのクロスを中島がヘディングで押し込み3点目。日本は3-1とリードして前半を折り返した。

 後半は、登録メンバー入りを狙う選手たちを起用。6人の交代枠を使いながら試合を進める。日本は立ち上がりの48分に、植田からのロングフィードに抜け出した浅野が流し込み4点目。さらにリードを広げる。

 終盤は南アフリカも反撃を見せるが、日本は植田、中谷を中心に集中した守りで得点を許さず、後半は無失点で抑えた。結局4-1で日本が勝利を収め、リオ五輪前の国内ラストマッチを勝利で飾っている。