2位家賃・住宅ローンよりも!「家計を圧迫する費用」1位は工夫次第のアレ

写真拡大

お給料はなかなか上がらないのに、物価や税金ばかり上がる気がする昨今。次から次へと費用も生まれてきて、家計のやり繰りをするのは簡単なことではありません。

毎月「ああ、今月どうしよう……」と頭を抱える主婦の方々も多いのではないかと思いますが、安心してください、悩んでいるのはあなただけではないようです。

今回は『WooRis』が既婚女性402人に対して実施した、家計についてのアンケート調査結果についてご紹介しましょう!

 

■専業主婦率はなんと6割超え!

まず、「あなたは共働きですか? 専業主婦ですか?」と尋ねると、63.2%が「専業主婦」と回答、共働きは少数派で36.8%でした。まだまだ日本は専業主婦が主流のようです。

次に、「あなたの家庭では、誰が家計を握っていますか?」と尋ねると、61.7%が「妻」と回答。以下、「夫」(24.1%)、「共同でしている」(10.4%)という結果でした。特に専業主婦家庭では、家計を妻がやり繰りしている場合が多いのかもしれません。

では、毎月の家計で頭が痛い費用とは何でしょうか? 「あなたの家庭の家計を圧迫している費用はどれですか?(複数回答可)」と尋ねると、

1位・・・食費(41.3%)

2位・・・家賃・住宅ローン(38.3%)

3位・・・携帯電話費(13.9%)

4位・・・夫婦の小遣い・趣味(13.7%)

5位・・・教育費(12.4%)

という結果になりました! やっぱり、日々の食費がかさんでしまうことが、主婦の一番の悩みの種となっているようですが、あなたの家庭ではどうでしょうか?

 

■家計を圧迫する“食費”節約の方法とは

さて、上記のアンケート調査では、気づかぬうちにどんどんかさんでしまう食費がやはり家計を圧迫していることが判明しました。しかし、家賃や住宅ローンとは違って、食費は気をつけることで節約することが十分可能な費用でもあります。

かくいう筆者も毎月の食費がかさんで悩んでいる時がありましたが、その後ある方法を取り入れて、かなり費用を削ることに成功したうえ、食卓が以前より豊かになりました。

そこで今回は、過去記事「-50%なんと食費が半分に!誰でも出来る“超簡単な節約ルール”5つ」でお伝えした、筆者が実践している食費節約方法をご紹介しましょう!

(1)食料の在庫をチェックして夕食メニューを作る

食料の在庫をチェックしつつ、在庫を最大限に取り入れた栄養バランスのいいメニューを2週間分作ります。もちろん残ったおかずに手を加えたメニューもアリ。

(2)野菜中心の食生活に変える

お肉が中心のメニューだと出費が多くなるので、野菜をメインに考えます。ハンバーグも野菜や豆腐でかさまし。節約出来てて健康にもよく一石二鳥。

(3)必要な食材をすべて書き出す

メニューに沿って必要な材料をすべて書き出し、予算以内で食品を購入します。筆者の場合、1度に2週間分を日本円で約1万5千円分程度購入します。

(4)食材は2週間分まとめ買い

食料品を何度も買いに出かけると無駄遣いするばかりか、後で「●●が足りない」ということに。時間を節約するためにもまとめ買いをしています。野菜や果物を買い足す以外、買い物は2週間に1回程度。

(5)肉類はメニューごとに小分け冷凍

購入した肉類はメニューの用途ごとに分けて冷凍。ハンバーグなどは種を作ってから冷凍しておきます。

あらかじめメニューを作っているので、毎晩夕食のおかずを考える手間もなくなり働く女性には特にお勧めです。食事の内容自体も以前より充実しているのに、食費は以前の半分で済んでいます。

 

いかがでしょうか?

前述したとおり、筆者はこの方法で食費をおよそ半分の月3万円(米国では約280ドル程度)まで削ることが出来てました。計画性がなかった頃はお金も食品もムダにしていたことを考えると、やはりお金に関しては事前のプランニングが重要であることを痛感!

食費はただ削るだけではなく、自分や家族の栄養バランスを考え、安いだけではなく健康によい食品を購入しなければなりません。でも事前のプランニングがあれば、節約メニューでも美味しい夕食を用意することは十分可能です。

食費がかさんで悩んでいる方は、上記や主婦雑誌の節約法を参考にして、自分に合って無理なく実践出来てる方法を探してみてくださいね。

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ ありえない!お金を貯めたいあなたが「まだ続けている」NG習慣3つ

※ ゲゲッ…今月もこんなに!? 無駄遣いを防ぐ「食費節約」マル秘テク4つ

※ 忙しくて「家計簿をつけられない人」でもお金を管理できる方法3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

※ 試す価値あり!今しか手に入らない「幻の美容オイル」とは

※ あ〜女子力落ちた…「お風呂時間に済ませる」忙しい女性の時短美容って?

 

【姉妹サイト】

※ コレも老ける原因!? 今スグやめたい「老化を早めるNG習慣」5つ

※ 邪魔!「エレベーターでイラつくこと」1位は混んでいるのに…

 

【画像】

※ Anurak / PIXTA(ピクスタ)