29日、中国を訪問中の韓国の黄教安首相は北京で記者会見し、「世界が今取り組むべき課題は英国のEU離脱の衝撃に対処することだ。韓国政府は全力でこれに取り組む」と表明した。資料写真。

写真拡大

2016年6月29日、中国を訪問中の韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相は北京で記者会見し、「世界が今取り組むべき課題は英国の欧州連合(EU)離脱の衝撃に対処することだ。韓国政府は全力でこれに取り組む」と表明した。環球時報(電子版)が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、黄首相は「幸いなことに韓国経済に急激な変化は起きていない」と指摘。離脱が決まった当日、韓国の株式市場は大きく値を下げたが、すぐに反発して安定を保っている。

黄首相は29日から2日間の予定で遼寧省瀋陽市を訪問。中国東北3省に多い韓国系住民の意見を聴く予定だ。(翻訳・編集/大宮)