日本は先制点を許したものの、中島が同点とすると、矢島が逆転弾。さらに中島が3点目を奪った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 五輪登録メンバー発表前の最後のテストマッチであるU-23日本代表対U-23南アフリカ代表は6月29日、松本平広域公園総合球技場で、19時30分にキックオフされた。

 日本のスタメンは、GK櫛引政敏、DFは右SBにリオ五輪アジア最終予選以来の出場となる室屋成が起用された。CBは植田直通と中谷進之介、左SBには亀川諒史が入った。中盤は、ボランチに大島僚太と井手口陽介が入り、右サイドに野津田岳人、左サイドに矢島慎也を起用。FWは浅野拓磨と中島翔哉の2トップとなっている。

 立ち上がりは、ともにポゼッションから主導権を窺う展開。日本は南アフリカの巧みなパス回しに翻弄される場面もあったが、8分には浅野が左サイドを突いてこの試合初めてのシュートを放ったが、これは左のサイドネットへ外れた。

 さらに19分、日本は右サイドから室屋が抜け出し、ゴール前に鋭いクロスを入れると、こぼれ球を野津田が左足で狙うが、相手GKのファインセーブに遭ってしまう。21分には浅野が完全にディフェンスラインの裏に抜け出すも、オフサイドを取られチャンスを逸した。

 24分、日本は南アフリカの波状攻撃を受けるが、GK櫛引の好守で事なきを得る。しかし30分、日本は亀川がハンドのファウルを犯しPKを献上。これを決められて南アフリカに先制点を許した。

 日本は37分、中央を見事な連係で崩しきる。バイタルエリアで前を向いた矢島から最終ラインの裏に走り込んだ大島にパスが通る。大島はGKとの1対1を避けて中島にラストパス。これを中島が左足で流し込み1-1の同点に追いついた。

 41分、日本はゴール前のクリアが中途半端になったところを拾われ、強烈なシュートを打ち込まれるが、またも櫛引が好セーブ。得点を許さない。

 すると、日本は前半終了間際に波状攻撃を見せる。44分、サイドチェンジから矢島、室屋とつなぎ、中央への折り返しを矢島が押し込み逆転に成功。さらに前半アディショナルタイムには敵陣で相手のクリアボールを奪った浅野が、間髪入れずにクロスを上げると、これを中島がヘディングで押し込み3点目を奪った。

 日本が3-1とリードして前半を終了した。

 日本は後半、井手口に代わって原川力、野津田に代わって伊東純也を投入してキックオフを迎えた。

 そして後半立ち上がりの48分、日本は上田のフィードに抜け出した浅野がDFひとりをかわして右足でゴールに流し込み4点目を奪う。日本がリードを3点差に広げた。

 日本は51分に大島に代えて、橋本拳人をボランチに起用。さらに59分には浅野に代えて豊川雄太を投入した。日本は前線にスピードのある伊東、豊川を配置し、カウンターから好機を作り出していく。

 67分、日本は亀川に代えて右SBに松原健を起用。日本は65分以降、南アフリカの攻勢を許し、押し込まれる時間帯が続いている。

 87分、日本は豊川がヘディングでゴールを狙うが相手GKのファインセーブに阻まれる。 

 日本は終盤、南アフリカの反撃を封じ込め、4-1のままタイムアップ。リオ五輪前の国内最終ゲームを勝利で飾った。