27日、中華圏きっての人気ミスコン「ミス香港」から30人の候補者がメディアに向けて紹介された。ネットユーザーからは「まあまあ」という意見が多いようだ。

写真拡大

2016年6月27日、中華圏きっての人気ミスコン「ミス香港」から30人の候補者がメディアに向けて紹介された。ネットユーザーからは「まあまあ」という意見が多いようだ。星島日報が伝えた。

【その他の写真】

香港最大手のテレビ局・無線電視(TVB)が主催する人気ミスコン。これまでにマギー・チャン(張曼玉)、ミシェール・リー(李嘉欣)など数々の人気女優を輩出してきた。書類選考とカメラテストを通過し、予選に進むことになった30人が27日、メディアの前でお披露目された。

昨年はケンブリッジ大法学部出身のルイーザ・マク(麦明詩)さんが優勝し、「ミス香港」の長い歴史の中で、「最も高学歴なグランプリ」と大きな話題になった。今年の30人については、ルイーザ・マクさんをしのぐほどの才女は見当たらない様子。ネット上の反応は「まあまあ」「悪くないが驚きはない」というのが最も多いようだ。

30人には海外予選区を勝ち抜いた3人が合流。その中でも最も目を引いたのは、米ロサンゼルスからやって来た19歳の女子大生ティファニー・ラウさん。175センチの高身長と均整のとれたスタイル、96年大会に出場した女優リー・サンサン(李珊珊)似の美貌が目立った。また、13年にカナダ・トロントの「ミス華僑」に選ばれたボニー・チャンさんも有力候補の1人に数えられている。(翻訳・編集/Mathilda)