写真提供:マイナビニュース

写真拡大

彼女と付き合ってはや3年。そろそろ結婚したいと思っているけど、収入が少ないので養っていけるかどうかが不安。給料がもう少し上がってからにしようかな……。今回は、マイナビニュース会員の男女302名に「自分の年収がいくらあったら結婚できると思いますか?」と質問してみた。

Q.自分の年収がいくらあったら結婚できると思いますか?
1位 400万円 25.2%
2位 500万円 18.9%
3位 300万円 17.5%
4位 いくらでも 10.9%
5位 600万円 7.3%

その理由を教えてください。

■400万円
・「ギリお金の事でけんかしなさそう」(43歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/公共サービス関連)
・「最低限の生活は確保できそうだから」(29歳女性/家電・AV機器/IT関連技術職)
・「子どものことまで考えると400万円くらいは必要だと思う、それ以上あるに越したことはないが、あり過ぎてもどうかなと思う」(36歳男性/教育/専門サービス関連)
・「最低ラインだと思うのですが、これくらいあれば子どもを育てなければ2人で暮らしていけるかな」(59歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■500万円
・「世間並みの生活をするにはこのくらいの年収がいると思う」(61歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「普通のサラリーマンなら達成可能な額だから」(48歳男性/サービス/IT関連技術職)
・「自分1人で生きていける最低限の金額があれば一歩踏み出せそうだから」(35歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「金銭的余裕がないと気持ちの余裕もなくなりけんかが増えそう、子どもの教育を考えると最低でもそのくらいは必要だと思う」(35歳女性/ソフトウェア・情報処理/専門サービス関連)

■300万円
・「奥さんにお金のことで迷惑をかけなさそうだから」(32歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「ほどほどの普通の生活ができればよい」(39歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「少ないけど恐らく暮らしていけそうだから」(40歳男性/その他メーカー/事務・企画・経営関連)
・「子どもを持たないならこれくらいで十分ではないかと」(40歳男性/サービス/その他・専業主婦等)

■いくらでも
・「お金がすべてじゃないと思うから」(40歳男性/食品/販売・サービス関連)
・「気力さえあけば乗り越えられる」(42歳男性/コンピューター機器/IT関連技術職)
・「子どもを作ることさえ考えなければ、お互いが支え合うことで収入はなんとでもなると思うから」(36歳男性/インターネット関連/IT関連技術職)
・「年収が多い人と結婚すれば問題ないと思うので」(54歳男性/その他メーカー/技能工・運輸・設備関連)

■600万円
・「そこそこ安定した生活ができる」(39歳女性/生命保険・損害保険/事務・企画・経営関連)
・「彼女の年収と合わせて1,000万円いくから」(32歳男性/ガラス・化学・石油/事務・企画・経営関連)
・「400万円の1.5倍あればとりあえず急な出費等もしのげそうだから」(24歳男性/ソフトウェア・情報処理/営業関連)
・「出産時は共働きできるとは限らないので、これくらいの収入があれば2人か3人は生活できると思う」(46歳男性/コンピューター機器/IT関連技術職)

■総評
1位となったのは「400万円」(25.2%)という回答だった。400万円を「生活できる最低ライン」とする意見が多く、贅沢な暮らしはできないが、食費などを切り詰めれば「何とか生活できる」とのこと。「自分がその年収で結婚できた」という既婚者からの意見も寄せられていたが、その分「結婚前にどれだけ貯金できているかが重要」とのことだった。

共働きを前提とした意見も多く見受けられた。3位となった「300万円」には「夫婦合わせて500万円程度の世帯年収になれば良い」という意見も。「相手にある程度の収入があれば結婚は可能」とする意見もあった。

一方で「いくらでも」と答えた人は10.9%。「額は無関係」「愛があれば経済的課題は克服できる」といった意見が寄せられていたが、実際に既婚男性からも「お金は後でなんとかなる」という説得力溢れた意見が。また「自分より相手の年収次第だ」という女性からの意見も寄せられていた。

結婚とお金に関するリアルな声が聞けた今回のアンケート。あなたは、自分の年収がいくらあったら結婚への踏ん切りがつくだろうか?

調査時期: 2016年6月15日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男女302名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません

(アリウープ)