2020年までに船も「無人」になる──ロールス・ロイスの「ロボット船」構想

写真拡大

船舶の製造を手がけるイギリスの工業メーカー、ロールス・ロイスは、遠隔操作できる「ロボット船」を2020年までに実用化する計画を発表した。人を乗せなくて済む分コストはかからないが、ハッキングやハイジャックのターゲットになりやすいという心配もある。

ロールス・ロイスが、遠隔操作で無人航行する貨物船の計画を発表した(EUが支援するかたちで2014年から行われている研究プロジェクト「MUNIN」(日本語版記事)に基づくもの)。

「2020年までに船も「無人」になる──ロールス・ロイスの「ロボット船」構想」の写真・リンク付きの記事はこちら

ロールス・ロイスのホワイトペーパー(PDF)によれば、地上の管制施設から同時に複数の船舶を操作することが可能になる。人を乗せる必要がないためコストを抑えることができ、貨物を積むスペースも広くなるという。

オランダ・アムステルダムで6月21〜23日に開かれた「2016年自律船舶技術シンポジウム」において、ロールス・ロイスの海洋イノヴェイション担当ヴァイスプレジデントであるオスカー・レヴァンダーは、「これは本当に実現しようとしていることです」と語った。「『もし実現したら』という話ではなく、実現は時間の問題です」

自律航行を支援するセンサー類の試験は、さまざまな気象条件下ですでに行われている。遠隔操作のシミュレーションシステムも初期ヴァージョンが完成し、現実の環境でどのようにシステムが機能するかがテストされている。

「2020年までには遠隔操作で動く商用船が登場する予定です」とレヴァンダーは言ったが、実際には彼が言うほど実現は簡単ではないだろう。ロールス・ロイスのホワイトペーパーには、無人船はハイジャック犯や海賊に狙われやすい可能性があるという懸念も記されている。

ハッキングも心配だ。日産自動車は2016年2月、車載システムがハッキング・遠隔操作される恐れがあるとして、「NissanConnect EV」のアプリケーションの一時停止を余儀なくされた。

ロールス・ロイスのホワイトペーパーには、ハッキングに対する具体的な対策は書かれていない。だが彼らも、「遠隔操作で自律航行する船舶は、少なくとも既存の船舶と同等の安全性を確保しなければなりません」と記している。