mame × 写真家・荒木経惟、「アラマメ」の作品を銀座で展示&販売

写真拡大

mame(マメ)と写真家の荒木経惟がコラボレーションした作品「アラマメ」が2016年7月13日(水)から24日(日)まで、銀座の森岡書店で展示・販売される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

期間中は、荒木がmameを着た女性を撮影し、出来上がったポジフィルムを別のポジフィルムと手作業で貼り合わせることで生まれた写真作品が揃う。また、これらの作品を収めた作品集『アラマメ』も7月下旬の一般販売に先駆け、同書店において先行販売される。

なお、今回のコラボレーションはmameのデザイナー・黒河内がシーズン毎に発表しているルックブックとは異なる方法で、ブランドの意思をより強く表現したいと考えていた時に、荒木経惟の作品「アラキリ」と出会ったことがきっかけとなっている。「アラキリ」とは、異なる写真2枚を中央で切断し、貼り合わせて1枚の作品に仕上げたもので、黒河内は「荒木氏の作品を実際に目にすることで感じる美しさや色気は、mameを通して表現したい事と共通性を感じた」とコメントした。

【詳細】
展覧会「アラマメ」
開催期間:2016年7月13日(水)〜24日(日)
時間:13:00〜20:00 (会期中無休)
会場:森岡書店 銀座店
住所:東京都中央区銀座 1-28-15 鈴木ビル 1階
TEL:03-3535-5020

作品点数:10点
プリントサイズ:縦 27.9×横 35.6 cm
価格:300,000円(額装費抜き)

■作品集『アラマメ』
発売日:2016年7月下旬 ※森岡書店で先行発売
価格:3,700円+税
掲載点数:16点