同じものを食べてるのに痩せる人、痩せない人の違いって?

写真拡大

夏本番まであとわずか。

水着やオフショルも着たいから、シェイプアップは欠かせません。でも、時間がなくてなかなか運動ができない。

そんなときに取りいれたいのが、「食べる順番ダイエット」。

面倒なカロリー計算などは一切なく、食事内容も普段通りで、ただ食べる順番を変えるだけなんです!

食べる順番は、以下の通り。

1. サラダなどの野菜

2. 汁物

3. 肉や魚などのメインディッシュ

4. ご飯やパンなどの主食

食べる順番ダイエットでポイントとなるのが、最初に野菜(食物繊維)を食べること。それによって、

・血糖値の上昇を抑える

・自然とよく噛んで食べることになるので満腹感を早く味わえ、食べ過ぎを防止できる

・必ず野菜をとり入れるため栄養のバランスが整う

という利点があるのです。

とくに血糖値は、先に野菜を食べたときとそうでないときでは、20%も変化があるといいます。肥満と密接な関係にある血糖値。食事の最初に野菜を食べるだけでコントロールできたらうれしいですよね。

また、おいしくてついつい箸が進んでしまうメインディッシュ+ご飯という組み合わせも、メインディッシュを先に食べておけば、ある程度お腹が満たされて、ご飯の量も自然と控えめになります。

ちょっと意識を変えるだけで、自然とシェイプアップや健康に効果的な作用が得られる、食べる順番ダイエット。試してみない手はありません!

※この記事は2012年11月に公開された記事を再編集しています。

photo by PIXTA 文/小坂井良子