富士山の全山小屋で「Wi-Fi」が使えるように。メアド認証で誰でも無料利用可

写真拡大

ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は静岡県・山梨県の受託事業者として、7月10日から富士山の全山小屋を含む49か所、および富士山静岡空港で使える無料Wi-Fiサービス『富士山 Wi-Fi』を提供します。終了時期は9月10日を予定し、各山小屋の営業期間中に提供します。

【ギャラリー】富士山 Wi-Fi (3枚)

『富士山 Wi-Fi』は、訪日外国人を含むすべての人が利用できる無料のWi-Fiサービスです。利用できるエリアは富士山内の山小屋のほか、富士山静岡空港1階の総合案内所など。

SSIDは「Fujisan_Wi-Fi」で、FacebookやTwitterなどのアカウントやメールアカウントで認証すると利用でき、auユーザーなら「au Wi-Fi SPOT」として使用可能。「00000JAPAN」に対応しており、大規模災害発生時など有事の際の通信手段としても使えます。

Wi2が提供する訪日外国人向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」もサポートし、アプリを使えば自動的に『富士山 Wi-Fi』に接続します。

また、KDDIは通年で富士山の登山口・登山道で4G LTE通信が可能ですが、7月5日からは山頂をエリア化。富士宮ルートと御殿場ルートをつなぐ「プリンスルート」もエリア品質を向上させ、山小屋や休憩所など建物の屋内には中継装置を設置します。これら山頂・山小屋の対策期間は9月上旬を予定しており、開山期間や山小屋営業期間、天候や作業の状況で変更するとしています。

さらに7月10日以降、富士宮口、須走口、御殿場口、吉田口にて、約30言語対応の多言語音声翻訳システムを活用し、訪日外国人の道案内や登山のアドバイスを行うサービスもスタートします。