ミュージカル『刀剣乱舞』大千秋楽後の「刀ミュロス」が話題

写真拡大

ミュージカル『刀剣乱舞』で今剣役を演じた大平峻也さんが、いわゆる「刀ミュロス」状態であることを報告し話題になっています。

大平さんは6月26日に大千秋楽を迎えた『刀剣乱舞〜厚樫山異聞〜』に出演していました。公演期間は約1ヶ月にもおよび、その間緊張の連続だったのか、大千秋楽から数日たっても今でも毎朝「やばい遅刻だ」と思い飛び起きてしまうそうです。

【関連:ミュージカル『刀剣乱舞』初のLIVE公演 年末に東京・大阪で開催決定】

これを知らせたツイートは1600回もRTされファンからも同じく「刀ミュロスです」という声が多くよせられ共感を集めていました。他にも、年末開催されるミュージカル『刀剣乱舞』初のLIVE公演を楽しみにしているという声も。

大平さんは刀剣乱舞の緊張の後は、7月9日にはシンガポールで行われるイベントに舞台『カードファイト!! ヴァンガード』の出演者として参加予定とのことで、その間だけでもゆっくりして欲しいともファンは願っているようでした。

※見出し画像はTwitter画面のスクリーンショットです。