食事のマナーで結婚が遠のく?男性から「やっぱ、ないわ」と思われる行動6選

写真拡大

デートでの食事は、とても緊張するものです。ここで男性に対して良い印象を残すことはとても重要でしょう。ですが、自分では「これぐらい大丈夫」と思っていても、男性から見ると「もうデートをしたくない」と思われてしまう場合も。

どのような行動をすると、相手に嫌がられるのでしょうか。ここでは男性に引かれてしまう行動について考えていきましょう。

◆口の中に食べ物が入っているのに話をする

意外とやってしまうのが、口の中に食べものがあるのに喋ることです。会話が楽しいとつい高揚してしまい、食べ物が口の中にあるのに話してしまう人も。自分ではそんなに気にならなくても、これはかなりマナーが悪いでしょう。

男性としては「それはちょっとやめてほしい……」と思うのですが、それをストレートには言いにくいもの。そのため気付かず、どんどん男性から嫌われてしまうのです。会話を楽しむのも大切ですが、食事に対して集中をすることも本来は必要です。少し器用さが必要かもしれません。

◆初デートの食事中に鏡を何度も見る

普段から鏡を見るのが癖になっている女性は、食事中でも何度も鏡を見ることがあります。ですが食事中に自分の顔を何度も見ているような女性に対して、男性が良い気分になるわけはありません。

「なんで何度も鏡を見るの?」と聞かれても、「癖だから」で済まそうとする女性も。しかし男性からすれば「一緒に食事をしているのだから、やめてほしい」と思うのは当然です。

ニキビが出来ていたり、歯に食べ物がついていたら大変!と思う気持ちはあるかもしれませんが、せめて鏡をチェックするとしても一度くらいでしょう。「ちょっと失礼」と言いながら、短い時間でサッと済ませることが必要です。

◆「ダイエット中」で全然食べない

ダイエットをしたいのは分かりますが、せっかく男性が選んだお店に連れてきてもらっているのに「私はダイエット中だから、サラダだけでいいわ」と言う女性も。その言葉により男性は、自分だけフルコースを食べるわけにもいかなくなるのです。

ダイエットをしたい気持ちもやまやまですが、初デートぐらいは食事をちゃんとするのが相手に対しての配慮でしょう。一緒に食事をしているのに全然食べてくれないというのは淋しいものです。

それよりも笑顔でニコニコと「美味しい!」と食べてくれる女性のほうが、「この店に連れてきて良かった」と嬉しく思うはず。

enjoy my healthy eating

◆食べている時の姿勢が悪い

食事の時に猫背になっていたり、肘をついたりするようなところを見ると男性としては食欲が減退してしまいます。椅子をガタガタさせるような女性も稀にいますが、「子供じゃないんだから……」とドン引きしてしまうでしょう。

逆に姿勢が良くて、食べる姿がさまになっているようなら、好感度はアップするかもしれません。他のお客さんがかなりくつろいでいるようなお店だとしても、姿勢は正すようにしましょう。

そして食事が終わった後には、少し肩の力を抜いてリラックスした雰囲気になるのも◎。常にお固い感じでいると、男性も居心地が悪くなってしまうのです。

◆お箸の使い方は案外見られている

お箸の使い方がおかしい女性は、実はかなり多いのです。結婚相手の候補として見るのなら、やはりお箸の使い方はきちんとしていてほしいと思うところ。

少しくらいなら気にしない人も多いですが、絶対にありえないようなお箸の持ち方をする女性を見ると、「どういう教育を受けてきたんだろう」「両親に教えてもらわなかったのかな」と家庭環境まで気になってくるのです。

もしもこの女性が子供を授かったときも、同じような持ち方を教えるんだろうか……と思うと、結婚できないという結論に至る場合もあるのです。「お箸の持ち方ぐらいで」と思うかもしれませんが、気になる人にとっては相当気になるものでしょう。

◆初デートなのにお酒を飲みすぎる

初デートからお酒をたくさん飲む女性は、相手に引かれる可能性が高いです。初デートでは慎ましくアルコールは遠慮するか、飲んでもカクテル一杯ぐらいにしてほしいものです。

男性が車を運転してこのお店に連れてきてくれているのに、自分だけお酒を飲むのも配慮が足りません。「気配りが出来ない女性」と思われて、結婚相手にはならないと思われるかも。

誰にも最低限の食事のマナーがあり、一緒に食事をしていて恥ずかしくない人を求めるものです。安心して食事もできないようなら、結婚を考えるのなんて無理……そう思ってしまう人は少なくありませんよ。