グーグルがはじめるプログラミング教育計画「Project Bloks」

写真拡大

グーグルは、簡単にプログラミングを学べるプラットフォームつくるための「Project Bloks」を発表した。3種類のパーツを使って、子どもたちは遊びながらコンピューター思考を身に付けることができる。

「グーグルがはじめるプログラミング教育計画「Project Bloks」」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Scratch」や「Raspberry Pi」、「micro:bit」のような超小型PCは、プログラミングをみんなのものにしてきたが、グーグルもその潮流に参加したがっている。

グーグルは6月22日(米国時間)、国際科学教育学会(ISTE)で「Project Bloks」を発表した。スタンフォード大学のパウロ・ブリクスタイン准教授およびIDEOとの共同研究プロジェクトであるProject Bloksは、「コードを物理化して、子どもたちがコンピューター思考を伸ばすのを助ける」ものだ。「Puck」「Base Board」「Brain Board」の3つの主要パーツで構成されている。

RELATED

Puckは、「オン/オフ」「左へ移動」「ジャンプ」といったさまざまな指示をするものだ。スイッチやダイヤル、ボタンのような形状がある。紙と導電性インクを使ってつくれるような簡単な構造なので、製造費は安く済む。

Base Boardは、センサーを通じてPuckの指示を読み取り、Brain BoardにPuckの指示を伝えるパイプ役を果たす。Base Boardはモジュール式なので、さまざまな組み合わせをつくり出すことができる。各Base Boardは、触覚を通じて情報を伝えるハプティック技術を搭載したモーターとLEDを備えているので、子どもたちにリアルタイムでフィードバックを与えることができる。Brain Boardに内蔵されたスピーカーから、音声によるフィードバックを行うことも可能だ。

Brain BoardにはBase Boardとデータのやりとりを行うAPIが組み込まれており、指示をさまざまな機器に送信する。デモではお絵かきロボットに指示が送られていたが、LEGO Educationの「WeDo2.0」のような教育用ツールとも連動が可能だ。

Google Creative Labのエグゼクティヴ・クリエイティヴディレクターであるスティーヴ・ヴラナキスと、クリエイティヴテクノロジストのジョアン・ウィルバートは、ブログでこう書いている。

「子どもたちがコーディングを学ぶときは、単にプログラミング方法だけを学ぶわけではありません。彼らは同時に創造的な表現ができる新しい言語を学習し、コンピューター思考も伸ばしています。これらは、問題解決に必要なスキルなのです」