キム・ハヌルの愛称は「スマイル・クイーン」

写真拡大

 キム・ハヌル、27歳。韓国ゴルフ界の人気者が、日本ツアー参戦2年目にして押しも押されもせぬ人気選手の仲間入りを果たしている。韓国ツアー時代から、試合会場には「ハヌラー」と呼ばれる追っかけが多数押しかけていたが、現在は日本でもハヌラーが急増している。

「ハヌル」という名前は韓国語で「空」を意味する。キム・ハヌルのキャディバッグに、「SKY」という文字が刺繍してあるのはそのためだ。勝負カラーも空を連想させる「青」。最終日には必ず、青を基調としたウェアを身にまとって出場する。

 彼女のトレードマークはミニスカートだ。プロデビューした際に、父親から「プロは見られるのも仕事。ファンから喜んでもらえるような服を着なさい」と助言を受けたことをきっかけに、ファッションを意識。よほどの悪天候でない限りはミニスカをはき続けてきた。最近はパンツ姿になることもあるが、その際も美脚を惜しげもなく披露できるホットパンツ姿でプレーするなど、ファンサービスを大切にせよという父親の言葉を守っている。

 キム・ハヌルに感じられるのは、この「ファンを大切にする姿勢」である。これまで韓国選手の多くは、とにかく勝負にこだわり、口を真一文字に結んでプレーするストイックなイメージが強かった。憎らしいほどの強さも相まって、日本のファンにとってはどこか“壁”があったのも事実である。

 だが、昨年賞金女王になったイ・ボミが「スマイル・キャンディ」という愛称そのままに愛嬌を振りまき、絶大な人気を得て、韓国選手への壁を取り払うことに成功。さらにそこへキム・ハヌルが現われた。「可愛さ」が売りのイ・ボミに対し、長身、美脚という「美しさ」が魅力のキム・ハヌル。「スマイル・クイーン」の愛称通り、彼女もプレー中に笑顔を絶やさず、クールな外見とは裏腹に親しみやすさを感じさせている。

 現在のトーナメント会場で、ギャラリーの大半を引き連れているのは、キム・ハヌルとイ・ボミの組だ。その中でもキム・ハヌルのギャラリーには特徴がある。彼女が身につけているものと同じ「JINRO」のキャップを被り、「ル・コック」のウェアを着て応援するなど、特に熱心なファンが多いのだ。

 それは何故か?──その理由はラウンド終了後にわかった。ツアー会場ではギャラリーが選手にサインをもらうためにクラブハウス前に並ぶのが慣例だが、彼女はすべてのファンに丁寧に対応していた。

「日本のファンは順番を守って、礼儀正しいから好き」

 と、行列が100人近くになっても嫌な顔一つせず、最後までサインペンを走らせる。いつしか、その列は他の選手と比べて最も長くなっていた。

 また、日本のファンに人気を得ている理由は、彼女が日本に溶け込む努力を怠っていないということもあるだろう。「日本のコンビニスイーツが大好き」と公言し、コンビニのロールケーキをよく食べる。寿司、すき焼きといった日本食も大好きだ。

 日本語も現在、猛勉強中。優勝インタビューや記者会見では通訳を介するが、「簡単な日本語のヒアリングはでき、日本人の専属キャディとは日本語でコミュニケーションをとっている」(クラブメーカー担当者)という。日本のファンにサインを求められた際には、名前の漢字を教わり、見よう見まねで書き込んでいた。

 キム・ハヌルは、日本ツアーにおける韓国人プロのイメージを変える“決定打“になるかもしれない。

◆キム・ハヌル:1988年12月17日、韓国・京畿道生まれ。27歳。建国大卒。12歳でゴルフを始め、韓国ツアーでは2011年、2012年の賞金女王に輝き、通算8勝。2014年に日本ツアーのQTに挑戦し、14位で出場権を獲得。2015年から本格参戦し、9月の「マンシングウェアレディース」で初優勝を飾る。1年目は賞金ランク23位でシード権を獲得。2年目の今シーズンは3月の「アクサレディス」でツアー2勝目を挙げた。170cm、58kg。家族は両親と弟。

撮影■藤岡雅樹 取材・文■鵜飼克郎

※週刊ポスト2016年7月8日号