脆餅提供

写真拡大

(台北 29日 中央社)特色ある旅行サービスを提供したい人と、一般的なツアーではできない旅行体験を求める人をつなぐ脆餅(Tripinsiders)は、台湾を足がかりとして、今後1年以内をめどに、アジア10カ国・地域100都市へのサービス拡大を目指している。

脆餅では、アーティストなどを含む現地在住者が「インサイダー」と呼ばれるサービス提供者となり、その土地ならではの体験を旅行者に提供する。一方、脆餅を通じてインサイダーからサービスを購入したユーザーは、文化的な隔たりを乗り越えて、現地の人々の生活を体験できる。

同社は、2015年6月にシンガポールで設立された企業で、中国大陸の杭州に研究開発拠点を構える。最初にサービスが開始された台湾では、インサイダーがすでに2000人を超えているという。今年5月からはシンガポール、マレーシア市場の開拓を進めている。

(呉家豪/編集:杉野浩司)