©2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

2016年8月11日(木・祝)に全国公開される映画『ジャングル・ブック』。

【動画】『ジャングル・ブック』予告編を見る

1967年に公開されたアニメーション映画『ジャングル・ブック』の実写化作品であり、すでに公開されているアメリカでは大ヒットを記録しています。

ではなぜ2016年に『ジャングル・ブック』が実写化されたのでしょうか?

それには、壮大なジャングルを描けるようになった技術の進歩がありました。

ウォルトの死から50年、『ジャングル・ブック』が復活

ウォルト・ディズニーが死去したのは1966年。

今年はそれからちょうど50年にあたります。

ウォルトの死後最初に公開されたアニメーションが『ジャングル・ブック』。

劇中でもバルーの復活がウォルトの死に対するアニメーターの思いを表していると言われるなど、ディズニーアニメーションの転換点になった作品でもあります。

これまで、『シンデレラ』などアニメーションの実写化を見事に成功させたディズニーが、なぜ今『ジャングル・ブック』を実写化したのでしょうか。

本作の監督を務めるのは、『アイアンマン』等の作品を手掛けたヒットメーカーのジョン・ファヴロー。

彼がはじめに実写化の話を聞いた時、感じたのは不安だったそうです。

「原作のアニメーションが大好きで何度も見たけれど、それを本物の動物でやるのはかなり難しいんじゃないかと感じていた。ピクサー・スタジオのような、“フォトリアルなアニメーション”といった作品であればいいかもしれないとは思ったけれどね。」

見事なCG技術がジャングルの表現を可能に

しかし、『アイアンマン』で金属の質感や表面の様子を的確に表現することに成功したことが、CGでのジャングルの再現の決断へとつながったそうです。

「今の最先端にある技術を使えば、本物の動物や森を見ているのか、CGなのかわからない映像を作れる。進化した映像技術を使って、かつては不可能だった方法で物語を語れるようになった今こそ、この作品を描く絶好の機会だと気づいたんだ。」

実際、『ジャングル・ブック』ではモーグリ以外はほぼ全てがCG。

しかし、メイキング映像を見なければ、それがCGだとは一切気付かないほどクオリティの高い世界観が出来上がっています。

ディズニーの伝統が生んだ実写映画の新たなステージ

本作の実写化にはウォルト・ディズニー・スタジオの現会長、アラン・ホーンも並々ならぬ熱意を持っていました。

ジョン・ファヴロー監督は、「アランは、実写化にすごい情熱を持っていた。この作品で描かれるストーリーを伝える事が、彼にとってとても大切なことだと本心から思っていたんだ。」と言います。

ウォルト時代の古典的作品が深いストーリーを持って現代に蘇るのが、ディズニーの実写化作品の醍醐味。

『ジャングル・ブック』ではディズニーが得意とする動物たちの感情表現、そして実写のストーリーと見事に融合しあうノリノリな音楽が、実写ならではのリアルなストーリーラインにのせて存分に楽しめます。

実写化作品を新たなステージに乗せた大傑作『ジャングル・ブック』は、ディズニーが培ってきた伝統と新たな技術によって、今私たちのもとにやってきたのです。


映画『ジャングル・ブック』
2016年8月11日(木・祝)全国ロードショー