「十人寄れば気は十色と申しまして……」と言うと、なにやら小噺の1つでも始まりそうだが、ネット上では往々にして「十人十色」を大胆に無視した言論が人気を博す。特に中国のネット上ではそれを好む傾向があるようで、その真骨頂が「日本の女性は中国人男性が好き」などと題した文章なのだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 「十人寄れば気は十色と申しまして……」と言うと、なにやら小噺の1つでも始まりそうだが、ネット上では往々にして「十人十色」を大胆に無視した言論が人気を博す。特に中国のネット上ではそれを好む傾向があるようで、その真骨頂が「日本の女性は中国人男性が好き」などと題した文章なのだ。

 中国メディア・今日頭条も、5月10日に「どうして日本の女性は世界からこれほど喜ばれるのか」という記事を掲載している。言ってしまえば「どうして世界の男性は日本の女性が好きなのか」の分析だ。やはりそこには「十人十色」はないのである。まあ、それはさておき、この記事は日本人女性のどういった点が世界の男性に好まれると論じているのか、見てみよう。

 記事が挙げたのは「話をしていて楽しい」、「小柄な体型」、「皮膚が美しい」、「おしゃれである」、「自分のことを好きなんだ、と思わせてくれる」の5点だ。会話では「楽しく、そして真剣に話を聞いてくれるほか、積極的に会話を盛り上げてくれる」ところがいいとのことである。小柄な体型については「結婚しても太らない」、「まるで小動物」といった点が魅力とされている。皮膚の美しさやファッション性の高さは、他国の女性にはない清潔感を抱かせるようだ。

 最後については簡単に言ってしまうと「思わせぶり」ということだろうか。「この子、俺の事好きかも」と思ってときめかせてくれる点が、日本人女性の魅力の1つなのだそうである。また、「外見ではなく、能力や長所で男性を判断してくれる」という点も挙げられた。

 イメージ通りの人もいれば、イメージとは全く異なる性格や性質を持った人もいるのが世の常。記事に示されたようなイメージを頼りに日本人女性と交際、結婚し、後になってから「こんなはずじゃなかったのに」と言ってはいけない。相手がどこの国の人であろうと関係ない。できる限り自分にマッチした人を見極める努力が必要なのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)