2016年ウインブルドン1回戦で、第6シードのミロシュ・ラオニッチ(7位、カナダ)は、27本のサービスエースを放ち、7−6(4)、6−2、6−4とストレートで勝利した。ラオニッチにとっては、かつての名選手であるジョン・マッケンロー(アメリカ)をコーチに招聘して、初めて臨むグランドスラム大会となる。ラオニッチ新体制は、テニスの聖地でもいいスタートを切った。

「彼はおそらく、僕が知る中で、最もエネルギッシュな57歳だ」とラオニッチが評するマッケンローは、1980年代前半に、他の追随を許さない繊細なボレータッチと、左利きのサーブ&ボレーで、世界の頂点を極めた天才的なプレーヤーだった。また、審判に暴言を吐く態度から悪童と呼ばれ、「You can't be serious!(ふざけるな!)」とのセリフは、マッケンローの代名詞といわれただ。

 マッケンローはグランドスラムで7回優勝して一時代を築いたが、特にウインブルドンでは、1980年から84年まで5年連続で決勝に進出し、81、83、84年と3回の優勝を果たすなど、グラス(天然芝)コートで抜群の強さを見せた。

「いろいろと多くのことをトライしている」といつも何かを試そうとするラオニッチは、さらに自分の実力を大きく向上させるために、6月のグラスシーズン前、マッケンローに自分のチームへ加わってくれないかと要請した。

 マッケンローと組んで、初めて臨んだウインブルドンの前哨戦ATPクィーンズ大会(イギリス・ロンドン、6月13〜19日)で、いきなり決勝進出を果たす。アンディ・マリー(2位、イギリス)に、7−6(5)、4−6、3−6のフルセットで惜敗したものの、準優勝と結果を残し、ラオニッチ新体制のスタートは上々なものとなった。

「間違いなく、この(天然芝)サーフェスで、かつてないほどに多くの進化を遂げていると思う」と大会を振り返ったラオニッチは、ウインブルドンの決勝で、マリーと再対決したいと宣言した。

「ジョンと一緒にやってきているけど、僕がネットに出ること、対戦相手を追い詰めていき、バランスを崩させることに重きを置いていることを、ジョンが同じように受け止めてくれて、それが嬉しい」

 こう語るラオニッチは、グラスシーズンだけでなく、その先の夏の北米ハードコートシーズンも見据えて、マッケンローとやっていきたいという思いもある。

「意図的にグラスシーズンを一緒にやることに重きを置いているわけではないのです。よりネットへ出ることや、それに関連したことに力を入れて取り組んでいます」

 そして、ラオニッチは、かつてコート上でプレーしていた頃のマッケンローのイメージからは想像できなかったあることに最も衝撃を受けた。

「彼は、僕がいいプレーができるようにポジティブにさせようとするんだけど、とても根気強い」

 ウインブルドンで、マッケンローと一緒に練習していたラオニッチをのぞくと、その間には笑顔が多く見られた。ポジティブな師の影響を受け、ラオニッチがさらに前向きになった兆候なのかもしれない。

 すでにラオニッチは2016年シーズン頭から、1998年のローラン・ギャロス(全仏)チャンピオンで、元世界ナンバーワンのカルロス・モヤ(スペイン)をツアーコーチに招聘し、1月のオーストラリアン(全豪)オープンでは初めてベスト4に進出して、早速"モヤ効果"が好結果につながった。

 コート上に、ラオニッチがマッケンローとモヤと一緒にいる姿を見て、錦織圭は、「いや〜、すごい光景でしたね」と驚きを隠さず、ラオニッチのただならぬ気迫のようなもの感じたに違いない。

「多分、この辺(トップ10あたり)のランキングで、さらに上に上がっていくぞという野心が一番ある。ジムにいる時間も彼は長いし、気合が入っているなと感じます」

 昨シーズンはケガに泣いたラオニッチだったが、今シーズンはすでにトップ10復帰を果たした。

 ウインブルドンのグラスコートでは、ラオニッチの時速220km台のサーブは、間違いなく大きな武器になる。加えて、マッケンローコーチのアドバイスによってネットプレーに磨きがかかれば、25歳のラオニッチが優勝戦線をおもしろくしてくれるはずだ。2回戦以降もラオニッチとマッケンローが、どんな化学反応を示すのか目が離せない。

神 仁司●文 text by Ko Hitoshi