1

写真拡大 (全2枚)

長谷部クン、●●●●さん、おめでとう?

嬉しいニュースが飛び込んできました。28日、サッカー日本代表の長谷部誠さん(立派なフランクフルト)が、自身の公式サイトで「来月入籍する」ことを発表したのです。長すぎる春に終止符を打ち、ついに下した男の決断。流行りの言葉で言えばアモーレ婚。今後は日本代表のキャプテン・アモーレ(※キャプテン・ハーロックみたいなもの)として頑張っていってもらいたい。まずはお祝い申し上げます。

しかし、そのお祝いは全力ではありません。煮え切らないソーセージのように、グズグズしたもの。公式サイトでの発表には、そもそもお相手の名前がありません。そして、「来月入籍する」という予定のお知らせとなっています。しかも「私の意に反して近日中に本件について報道される可能性が出てきた」から急遽声明を出したというイヤイヤ具合。それはさながら不祥事のお詫びのような状態だったのです。

↓誰よりも早くファンたちにお詫びをすべく、どこよりも早く自身の公式サイトを更新!


更新はしたが、接続が拒否されました!

何回アクセスしても落ちてるぞ、この課金サイト!なんだこの課金サイト!

↓仕方ないので、結局スポーツ紙の報道を見てメッセージを確認したぞ!
<長谷部誠から皆様へ、ご報告です。>

※長谷部誠から皆様へ大切なご報告があります※

いつも応援して下さる皆様へ

このたびは突然のご報告となり申し訳ございません。

私事ではこざいますが、来月入籍する運びとなりました事をどこよりも先にこちらでご報告させていただきます。

本来であれば入籍後にご報告する事が一番の形ではありましたが、残念ながら私の意に反して近日中に本件について報道される可能性が出てきた為、このような形でのご報告になりました事をご理解頂けたら幸いです。

いつも応援して下さる皆様とはこれからも誠意を持って向き合い、共に歩んでいけたらと思っています。

また、改めてご報告させていただきます。

長谷部 誠

https://www.hasebe-makoto.com/news/post/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%83%A8%E8%AA%A0%E3%81%8B%E3%82%89%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8%E3%80%81%E3%81%94%E5%A0%B1%E5%91%8A%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82/



何だろう、この「長谷部怒りのスクープ潰し」みたいなのは!

●●●●さんはこんなイライラブログを見せられて笑顔でいられるのかな…?

ゼクシィpremier 2016年 4月号 / ゼクシィ編集部 【雑誌】

価格:500円
(2016/6/29 12:04時点)
感想(0件)



スポーツ各紙はかねてより交際の噂があり、昨春には結婚報道まで出たモデルの佐藤ありささんがお相手であると確定的に報道しています。今月頭にも「FRIDAY」誌でふたりのお泊り愛の様子が報じられていますので、まずもって間違いないのでしょう。ただ、本当にありさなのかはまだわからない。「来月入籍する」とは言ったが、まだ「誰と入籍する」とは言っていない。ありさじゃないかもしれない。ありさじゃなかったら空港で石が飛んできそうな感じですが、ありさじゃないかもしれないので花束と石とどっちを投げればいいのか、コチラも決めかねる状態です。

↓佐藤ありささんはブログ、インスタグラムなどで沈黙を貫く!

MORE8月号みてね❤️

佐藤ありささん(@satoarisa920)が投稿した写真 -


「結婚おめでとう」の書き込みが殺到してるけど、大丈夫なんだろうな!

まさかの急展開があったら、家で皿とか叩き割って荒れ狂う感じだけど!

ゼクシィpremier 2016年 4月号 / ゼクシィ編集部 【雑誌】

価格:500円
(2016/6/29 12:04時点)
感想(0件)



そもそも何で今、公式サイトで声明を出してしまったのか。昨年の春に一度「結婚」を報じられているのですから、改めて結婚報道が出ようが今さら影響はないでしょう。報道はスルーして、粛々とことを進め、決着した時点ですべてをオープンにすればいい。殺し屋の世界には「ぶっ殺す」という言葉はなく、「ぶっ殺すと思ったときにはすでに殺している」そうです。ご報告においても「来月入籍する」などという言葉はなく、「入籍しました」だけがあれば十分のはず。

ましてや●●●●さんの名前を出せないならなおさらです。お相手が佐藤ありささんだと仮定するなら、今さら名前を出したくないというのはヘンな話なので、「まだ出せないのだな」と考えるのが自然。CMやドラマ出演などへの影響(ないとは思うが)を考慮してのことなのかもしれません。だったらその解禁日まで沈黙をつづければよかったはず。みんなもう半ば知ってる話なワケですし。

もしかしたら「まだ知られていない話」が近日中の報道には出るのかもしれません。「妊娠」とか「実はお相手は例のモデルではなく一般人だった」とか。その場合は、あのような煮え切らない&ずっと落ちてるサイトの声明だけでカバーできるものではありません。聞きたいことがワラワラ出てくる感じじゃないですか。

「あなたの体面じゃなく、ありさのことを世界で一番大切にしてよ!」

アモーレ長友は「平愛梨さんと真剣に交際している」「僕は結婚したい」と、記者たちの前で自分の強い意志を最初に示しました。「アモーレ」という名言を添えて。これは単にノロけるということではなく、男が矢面に立つことで最愛のアモーレを守ることにつながる行為です。ネタがとれるまで食い下がってくるメディアを、自分の腕に噛みつかせ、「アモーレ」という適度なエサをまいて満足させる。

そうした振る舞いを家で観るアモーレは、その堂々たる姿に頼もしさを感じるとともに、「僕は結婚したい」という強い意志表明に安堵するわけです。翻って長谷部さんは昨春の結婚報道からどうであったか。報道を受けたブログ更新では「記事に出ているような、将来についての事は何ら決まっている事はありません」「今の世の中には本当に沢山の情報が溢れていてその中には真実でない事も多くあります」「プライベートの事は出来るだけ放っておいて欲しい」なる釘刺しブログを書き散らすという、煮え切らない態度。

スパーンと言えないのか、と。「おめでとう」のメッセージを贈られまくるありさ(二度目)が、「ありがとう」と笑顔で応えられる環境を作れないのか、と。昨日今日の話ではなく、昨春から1年半もかけて、まだグズグズしているのか、と。ふたりの誕生日を通過して、大安吉日を何度も通過して、自分の去就が落ち着くまでグズグズしているから、「意に反した報道」に先手を打たれるのです。

理想のキャプテン・アモーレはこんなグズグズはしない。もっとワイルドに、もっとたくましく生きている。改めて●●●●さんが惚れ直すような態度で愛を示し、この人と一生歩んでいこうと決意させる。そうであってほしかった。黙っていることもできず、スパーンと言うこともできないどっちつかず。僕の中のMORE世代女子は、「やっぱり長友さんのほうが男前!」と値踏みしています。ずっと前からわかっていたことではありますが…。

↓あの煮え切らないブログも、ありさのために何とかしてほしい!
【改善点】

「<長谷部誠から皆様へ、ご報告です。>」
・スタッフがつけたタイトルは、本人の存在感が弱まるのでNG

「※長谷部誠から皆様へ大切なご報告があります※」

・不要

「いつも応援して下さる皆様へ」

・「ご報告」は「応援してくれる人」だけが見るものではない
・ありさ側のファンも含んだ呼びかけに

「このたびは突然のご報告となり申し訳ございません。」
・入籍報告や突然であることを謝る必要はない
・謝るなら「書面であること」や「直接のお知らせではないこと」にとどめる
・「ご報告」は結果を言うのが通例なので、入籍してから改めて「報告」とするのがよい

「私事ではこざいますが、来月入籍する運びとなりました事を」

・誰と、かを言う
・お相手のことを説明すると同時に、こんなに素晴らしい人なのでみなさんも応援してくださいというアピールをそれとなく加える
・「こざいます」は「ございます」に正す

「どこよりも先にこちらでご報告させていただきます。」

・意に反した報告なので「ファンにいち早く」的な気持ちは出さないほうがよい。「取り立てて言う気はなかった」のはもうバレてる

「本来であれば入籍後にご報告する事が一番の形ではありましたが、」
・昨春から入籍をグダっていたことが原因なので、しっかり反省を
・報道が出そうであれば即日入籍という手もあったはず
・即日入籍では不可なら、何故来月までグダるのかの理由をそれとなく添えたほうがよい

「残念ながら私の意に反して近日中に本件について報道される可能性が出てきた為、」

・お祝いごとなのに、このイライラ感はNG

「このような形でのご報告になりました事をご理解頂けたら幸いです。」
・まだ結果が出ていないし、お相手も言ってないので、報告とは言えない

「いつも応援して下さる皆様とはこれからも誠意を持って向き合い、」
・ありさと向き合おう

「共に歩んでいけたらと思っています。」
・ありさと歩もう

「また、改めてご報告させていただきます。」
・イヤイヤ報告なのはわかったので、せめてスッキリ1回で済ませよう

「長谷部 誠」
・ご報告の署名は自筆のほうがよい

【変更後】

<皆様へ>

突然ではございますが、私、長谷部誠は、かねてよりお付き合いをしておりました女優の●●●●さん(※名前入れる)と入籍することを決意いたしました。

●●●●さん(※名前入れる)とは雑誌の対談をきっかけに知り合い、4年ほどのお付き合いでございます。明るく誠実な彼女の人柄によって、スポーツという不安定で厳しい勝負の世界に臨む私は日々支えられてきました。これからは夫婦という、より強い絆で結ばれ、お互いを支え合いながら、共に歩んでいく所存です。

お互いの仕事の状況やタイミング、私たちにとって佳き日がいつなのかを深く考えた結果、来月●日(※日付入れる)に籍を入れることといたしました。私自身も、●●●●さん(※名前入れる)も、多くの人に支えられ、さまざまな責任を負う立場でもありましたため、これまで皆様にしっかりとお知らせすることができずにおりましたが、ようやくこの日を迎えられたことを心から嬉しく思います。

皆様に直接お知らせすることができず、書面でのご挨拶となる非礼をお詫び申し上げますとともに、まだまだ未熟な私たちにこれまで以上のご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

(※ここから自書で/少しくだけた感じに)
笑顔があふれる家庭を築きます!
長谷部 誠

特に、「意に反した」のイライラ感は絶対にNG!

幸せよりもイライラが先に立つ男って、生涯の伴侶として不安じゃない?

ありさへの愛で、すべてをバラ色にしてみせろ!

ゼクシィpremier 2016年 4月号 / ゼクシィ編集部 【雑誌】

価格:500円
(2016/6/29 12:04時点)
感想(0件)



言うなら言う、言わないなら言わない。この際、ファンへの説明などどうでもいい。ありさに誠実であることが、「歩く誠実」のファンにとっても大事なことであるはず。小事にふりまわされるのではなく、ありさにとっての一番だけを考える、キャプテン・アモーレにはそうあってもらいたいもの。ありさを幸せにすることが、これからのキャプテン・アモーレの仕事なのですから…!

意に反して発表される愛で、ありさは幸せになれるのかな?