あ、痩せてる ずるい! 

写真拡大

旦那や彼氏、父親など、身近な男性のスタイル点数は62点――。20〜60代の女性に聞いてみると、ちょっと厳しめな平均点が出てきました。「お腹まわり」「ウエスト」についてはかなり問題視している方が多いようです。

パートナーには痩せてほしくないの。その理由は?

痩せて欲しい理由は、男性の立場によって変わります。

旦那には「結婚してから10キロ以上太りやがったから」、「せっかく買った大量の素敵な服が台無し」など、結婚前後でのギャップに対する不満を隠さない、厳しい声が目立ちます。

父親に関しては、「健康のために痩せて欲しい」「最近動きが鈍くて老けてくばかりだから」など、見た目の問題を通り越して、体調を気遣う娘心を反映した声が続々。いつまでも元気で若々しくいて欲しいですよね。

彼氏には「だらしなくみえて嫌だから」「お腹が突き出ていてカッコ悪いから」など、一緒にいる時のビジュアル面を気にする女子が多いようです。美しい女性を連れて歩きたい男性と心理は一緒のようです。ビジュアルを求めてしまうのは、結局はお互い様ってことでしょうか。

でも、中には彼氏や旦那に痩せてほしくないという声も......。一体なぜ――? 

答えは「自分だけぽっちゃりだとつり合いが取れない」から。うーん、なるほど。

ちなみに、女性に自分の体で気になる部位を聞いてみると、「お腹まわり」が63%で断トツでした。女性は男性に対してだけでなく、自らのウエストにも厳しめな採点をしているのです。

まずは自分が痩せてから、パートナーにも痩せて欲しい――。年代を問わず、「パートナーよりスリムでいたい」と願う乙女心の表れですね。

調査はステップワールドが2016年5月13日〜6月12日、20〜60代女性200人を対象にインターネットで実施。