写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インフォースは6月28日、Microsoft Accessで作成されたデータベースをAzure SQL Databaseへ変換する(マイグレーション)サービス「激震for Azure」の発売を発表した。同サービスにより、すべてのMicrosoft AccessクエリはAzure SQL Databaseビューまたはストアドプロシージャに変換が可能になる。

激震for Azureは、Microsoft Access 2016で作成されたデータベースをMicrosoftのクラウドプラットフォーム Azure SQL Databaseへ変換できるサービス。これによりMicrosoft Accessを既存PC環境、システム画面をそのままにクライアント・クラウド連携データベースとして運用可能になる。

また、同サービスにより、Microsoft AccessをAzure SQL Databaseと連携させ、より大容量データへの対応が行えるほか、同時複数アクセス、セキュリティ強化、ファイルの一元管理が実現できる。さらに、Azure SQL Database利用によりデータベース用サーバが不要になる。

価格(税別)は50万円から。なお、既存のMicrosoft Accessのデータ、テーブル、フォームおよびクエリなどを解析し工数を自動積算後に見積りとなる。

(Aries)