「静かに見守っていただきたい」と会見で訴えた(2016年6月9日J-CASTニュース撮影)

写真拡大

フリーアナウンサーの小林麻央さん(33)が、進行性がんであると2016年6月9日にスポーツ報知が報じ、同日、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが記者会見で乳がんにより闘病中だと発表した。

会見で海老蔵さんは、麻央さんの乳がんは1年8か月前に人間ドックで判明し、「かなりスピードが速いもので、大変なものではないか」と医師からいわれたと語った。これまで、抗がん剤治療を中心に行ってきたというが、病状は、比較的深刻だという。

「手術にいたらないから、抗がん剤治療を続けている」と会見で語られたが、乳がんとはどのような病気なのか2人の専門家に聞いた。

進行性乳がんという言葉はない

北里研究所病院ブレストセンター長で、前日本乳癌学会理事長の池田正医師によれば、厳密にいうと「進行性乳がん」という言葉はないという。

「進行がんと表現されることはよくありますが、定義はありません。一般的には、乳房からわきの下にかけて大きなかたまりができている局所進行乳がんの場合や、離れた臓器に転移しているケース、予後の悪い炎症性乳がんなどを指すことが多いです。一方で、治療に反応せずどんどん進行するという意味で表現されることもあり、治療の現場でその意味は違ってきます」

また、「進行性」という言葉が一人歩きしていると懸念する声もある。北里大学乳腺外科の谷野裕一准教授は、「乳がんに対して、冷静に正しい理解を深めてほしい」と記者に語った。

「乳がんは全体として見た場合、病気だとわかってから10年後の生存率は約8割とほかのがんに比べて高く、進行も比較的ゆっくりだという特徴があります。進行が早いタイプは、乳がんのうちで約3割です。早く大きくなる乳がんは抗がん剤が効く確率が高いことも知られています」

乳がんにはいろいろなタイプがある

一口に乳がんといっても、性質の異なる4タイプに分けられ、その性質や患者の体質によって治療法はさまざまだ。

「治療法を決める場合は、がんの種類や進行具合、抗がん剤の効き具合だけでなく、患者さんやそのご家族の希望なども関係します。乳がんに限らず、どんな病気でも同じだと思いますが、患者さん一人ひとり治療の進め方は異なります」(谷野医師)

海老蔵さんは会見で、「手術に至らないから、抗がん剤治療を続けている」と伝えたが、池田医師によると、そういうケースも実際にあるという。

「一例をあげると、乳房の温存を考えて、まず化学療法でがんを小さくしてから手術をするケースや、乳房から離れた場所に転移のある場合で抗がん剤やホルモン剤、がん細胞の増殖を抑える可能性がある分子標的治療薬などの全身治療を優先するケースなどです」

乳がんを患った有名人はほかにもいる。2015年9月に乳がんを公表したタレントの北斗晶さんは、発覚当時、医師から5年以内の生存率が5割と告げられたという。右乳房全摘出手術を受け現在も闘病中だ。女優の生稲晃子さんは2011年に乳がんと診断され、乳房温存手術を行ってホルモン療法を続けていた。2度の再発を経て2013年に右乳房全切除。その後2015年に乳房再建手術を受けている。

麻央さんは、どのような状態かは分からないが、乳がんは生存率の高いがんである半面、闘病期間が長くなる病気だともいえる。

早期発見なら9割は助かる

乳がんは早期発見であれば、9 割は助かるといわれている。乳がん検診について現在、厚生労働省が推奨しているのは、40 歳から2年ごとにマンモグラフィを受けることだ。若い人は乳腺が密で、マンモグラフィではがんが見つかりにくいこともある。検診時に「高濃度乳腺」と言われたら、超音波検査を受けておきたい。

「若い方のマンモグラフィ検査の放射線被ばくによる発がんリスクを考慮すると、40歳以下なら、マンモグラフィより超音波検査を選択する方が、発見率が高く、安全だと思います」(谷野医師)

ただ現在、乳がん検診ができる医療施設のうち、乳房の超音波検査が受けられる施設は限られている。

乳がんを早期発見するためには、自分で触ってしこりや異常がないかチェックすることも大切だと専門家は強調する。

「乳がんは自分で発見できる数少ないがんの一つです。月1回の自己検診をおすすめします」(池田医師)

(Aging Style)