真剣佑(左)と彼が演じるとーじ(右) (C) 上田美和/講談社

写真拡大

山本美月と伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)のW主演で、累計発行部数1300万部超の同名人気少女マンガを実写映画化する『ピーチガール』。『俺物語!!』でヒロイン役に大抜てきされブレイクした永野芽郁の出演も発表されているこの映画に、真剣佑が出演することがわかった。

山本美月×伊野尾慧W主演で人気少女マンガ「ピーチガール」を映画化

本作は、日焼けした肌と赤い髪のせいでいつも周囲から「遊んでる」などと誤解されてしまうが、実は誰よりも純粋な女子高生のももが主人公。彼女には、とーじという中学時代からずっと想い続けている人がいたが、そんなももに学校一のモテ男・カイリが興味を持つ。そうした中、もものお気に入りを何でも欲しがる最強最悪の小悪魔・沙絵は、とーじを横取りしようと、ももに様々な罠を仕掛けるが、沙絵の罠によるピンチから、いつもももを救ってくれたカイリは、いつしかももの一番の理解者となっていくというストーリーだ。

もも役を山本、カイリ役を伊野尾、沙絵役を永野が演じることが発表されており、今回、発表された真剣佑が演じるのは、ももをめぐって、カイリと三角関係を繰り広げる、野球一筋の硬派なさわやか男子・とーじ(東寺ヶ森一矢)役。

俳優の千葉真一を父に持つ真剣佑は、公開中の映画『ちはやふる』をはじめ、今後もTBS日曜劇場『仰げば尊し』、映画『にがくてあまい』『少女』『チア☆ダン』と出演作が目白押し。今もっとも勢いのある若手俳優の1人として注目を浴びている。

その真剣佑は本作出演について「とーじは、優しくて正義感のある役で、途中いろいろな困難と立ち向かう姿がとても魅力的だと思ったのでお話を頂いた時にとてもワクワクしました。今回とーじを演じてみて、人を守りたいと思う感情や、誰かを大切にしたいという想いを、改めて感じることができました。内容は恋愛たっぷりな映画になっています。一人でも、カップルでも、ご夫婦でも…どんな方が観ても笑えて泣けて応援したくなるような映画です。映画館でぜひ楽しんでください」とコメント。

原作者の上田美和は「撮影現場でお会いした真剣佑さんは礼儀正しく、監督さんの指示に熱心に耳を傾け、役に取り組んでおられました。大人っぽい眼差しをしたかと思えば、まぶしい笑顔を無邪気に振りまいたり、仕草も表情も私が描いたとーじより断然素敵でかっこよかったです。優しいけど不器用な所のあるとーじ。真剣佑さんが演じたら、その不器用さもかっこよくなるのかなと、ニヤニヤわくわくしています」と話している。

『ピーチガール』は2017年全国公開予定だ。

【関連記事】
永野芽郁、ロングヘア30cmカットし映画『ピーチガール』で小悪魔に挑戦!
広瀬すず、真剣佑らのサプライズ登場に、道頓堀には過去最大級1万人が集結!
[動画]千葉真一の息子でイケメン、アクションも得意な真剣佑「苦手はセロリ」
千葉真一を父に持ち、マジでイケメンな真剣佑(まっけんゆう)、弱点はセロリ!