2位に5打差をつける完勝で平均ストロークも60台に(撮影:前田俊二)

写真拡大

 「アース・モンダミンカップ」を終えて1週間のオープンウィークに入っている国内女子ツアー。前半戦の成績をスタッツを見ながら振り返っていきたい。
【関連写真】上位3人の貴重なプライベートショット!
 1ラウンド当たりの平均ストローク数【(ストローク数×72÷コース所定パー)÷ラウンド数】のトップは賞金ランキング1位を走るイ・ボミ(韓国)。アース-では2013年に堀奈津佳の持つパー72の72ホール最少ストロークタイにあと1打と迫るトータル20アンダーを叩きだし、現在唯一となる平均ストローク60台で春先の戦いを終えた。
 2位、3位には同じく今季好調の申ジエ、キム・ハヌル(共に韓国)。特筆すべきはアン・ソンジュ(韓国)。ここまで10試合の出場にとどまっているが、怪我の影響による2度の棄権を除いた8試合で予選落ちはなし。最低でも25位と安定感は抜群だ。
【平均ストロークランキング】
1位:イ・ボミ(69.5897)
2位:申ジエ(70.3902)
3位:キム・ハヌル(70.5366)
4位:渡邉彩香(70.9388)
5位:笠りつ子(71.1111)
6位:鈴木愛(71.1915)
7位:アン・ソンジュ(71.2308)
8位:テレサ・ルー(71.2326)
9位:上田桃子(71.3333)
10位:吉田弓美子(71.3877)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】最強賞金女王イ・ボミ 強さの秘密はインパクトゾーンの精度の高さ
イ・ボミの前半戦を写真で振り返る!