メイクの崩れを気にしないで、スポーツしたい!

汗をたくさんかくスポーツ時は、どうしてもメイク崩れが気になったりなど、心からスポーツを楽しめないという方もいるのでは? 今回は、スポーツをもっと快適に楽しめるように、ベースからポイントメイクまで、スポーツ時崩れにくいメイクをご紹介します!

スポーツ後でもキレイでいられるメイク5つのポイント

崩れにくいメイクをするには、まずベースメイクで気を付けたい2つのポイント(日焼け止め、ファンデーション)と、ポイントメイクで気をつけたい3つのポイント(アイライナー、アイシャドウ、マスカラ)をおさえることが大切です。この5つのポイントをチェックして、スポーツをする時でも抜かりのない美しいメイクを習得しましょう!

ベースメイク日焼け止め

屋外で長時間動くスポーツ時は、日焼け止めがマストですよね。安心のSPF50/PA+++のものがおすすめです。

日焼け止めを塗った後は、ティッシュでおさえて。

崩れにくいメイクをするために気をつけたいのは、日焼け止めを塗った後の油分。油分はメイク崩れの原因になるので、ティッシュを半分に折り、半顔ずつ優しく押し当ててティッシュオフしましょう。

ファンデーション

ベースメイクは、雪の雪崩のように上にのせるものが多ければ多いほど崩れやすくなります。その点からも、薄付きに仕上げられるクッションファンデーションは崩れないメイクをするのに最適!

汗に強いタイプ。

汗に弱いタイプ。

選ぶなら、クッションファンデーションのW/Oタイプがおすすめです。見分け方は、ファンデーションを手の甲に塗布し水で流してみて、水を弾いてファンデーションが落ちていなければ、それは汗に強いW/Oタイプだということです。

 

ポイントメイクアイライナー

血行が良くなるスポーツ時は粘膜の経皮吸収率が上がるので、インラインは引かず、まつ毛のすき間を埋めるようにラインを引きます。

使用するアイテムは、ウォータープルーフタイプや落ちにくいジェルライナーを使いましょう。

アイシャドウ 

アイシャドウをのせたい場合は、えんぴつやスティックタイプのアイシャドウを選びましょう。このタイプは密着力が高く落ちにくいため、崩したくないときのメイクにぴったりですよ。

念には念をいれて、万が一落ちてしまっても汚く見えない、明るい色を選びましょう。

マスカラ

目力の出る黒マスカラを使いたくなるところですが、残念ながら色のついたマスカラは、どうしても落ちてしまいやすいのです。ここはぐっと我慢して、ビューラー+透明マスカラで乗り切りましょう。カールキープ力のある透明のマスカラコートを使い、ビューラーで上げたまつ毛をキープすれば、ぱっちりとした目もとになりますよ。

アディダス ウィメンストア アミュプラザ博多

このようなアドバイスがほしい方に朗報。私が監修させていただいたスポーツコスメアドバイザーがアディダス ウィメンストア アミュプラザ博多に常勤しており、いつでも教えてもらうことができますよ! ぜひ、お近くにお住まいの方は行ってみてくださいね!

■プロフィール

オフィス美容の賢人 小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」が2014年1月17日発売。
可愛くなりたいと頑張る女子こそハマってる!?コスメに関する意外な「勘違い」を一問一答形式で解説します!

「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」 http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/

2014年5月開催「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/