画像

写真拡大 (全4枚)

 ニールセンは、スマートフォンからのECの利用状況を分析した。その結果、Amazonと楽天市場の利用者数がともに3,000万人を超えていることがわかった。

 視聴行動分析サービスを提供するニールセンは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の2016年5月データをもとに、スマートフォンからのEコマースサービスの利用状況を分析し結果を発表した。

●スマートフォン利用率とともに伸長

 2016年5月時点でスマートフォンからのEコマース関連サービスを利用しているユーザーは4,857万人(対前年同月比15%増)であることがわかった。これはスマートフォン利用者全体の伸び(14%)と同程度となっていた。

●Amazon、楽天市場がともに3,000万人を超える利用者数

 利用者数の上位5サービスを調べたところ、1位は「Amazon」、2位が「楽天市場」となり、両サービスともに利用者数が3,000万人を超えていた。3位には1,876万人でYahoo!ショッピングがランクインした。

 4位以下のサービスは利用者数が1,000万人以下となり、カタログ通販の大手「ニッセン」が4位に、5位には2015年11月にサービスを開始した「オムニ7」がランクインしていました。「オムニ7」はサービス開始から半年が経過しているのに対し、月間利用者数700万人超を獲得するまでに伸びている。

●上位のEコマースはアプリ利用者数も大きく増加

 次に、上位3サービスにフォーカスしてアプリの利用状況を見てみると、各サービスとも利用者数の増加が目立った。特にYahooショッピングアプリの利用者は前年同月から約3倍の増加となった。

MarkeZine編集部[著]