28日、騰訊新聞は日本で売春の客引きをした中国人の女4人が逮捕されたと報じた。資料写真。

写真拡大

2016年6月28日、騰訊新聞は日本で売春の客引きをした中国人の女4人が逮捕されたと報じた。

日本メディアによると、東京羽村市でマッサージ店を経営していた王丹(ワン・ダン)容疑者ら4人は、店の外で酒に酔ったサラリーマンなどに声を掛け、売春を勧誘した疑いが持たれている。同店は5年で約6600万円を売り上げていた。逮捕された4人のうち、王容疑者らは容疑を認めているが、1人は容疑を否認しているという。

この報道に、中国のネットユーザーからは「恥さらし」「祖国の面汚し!帰ってくるな」といったコメントが寄せられたが、意外に多かったのが「5年でたった6600万円?」「中国の方が稼げるんじゃないか?」というコメントだった。また、「日本ではこれも犯罪になるの?」「日本で売春は合法じゃなかったのか?」といったコメントも見られる。このほか、「これが伝説の慰安婦か。これでまた安倍首相に中国の慰安婦訴訟の反論材料を与えることに…」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田)