オレの稼ぎじゃ無謀!? 正直、身分不相応だと思うムダ使い12選

写真拡大

お給料が十分満足できる額ではないのに、「どうしてもこれだけはしてしまう」というちょっとしたムダ使い、心当たりがある人も少なくないと思います。自分のことを客観的な視点で見てみると、「身分不相応だなぁ」とはわかっても、なかなかやめることはできないものですよね。そこで今回は働く男性たちに、「ちょっと自分の身の丈には見合っていないんだけど……」と自覚している、お金の使い道について教えてもらいました。

■身だしなみにお金かけちゃう

・「髪形をころころ変える事。カラーを入れたけど、一日で戻すとか、カットして一週間でまたカットしたり」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「服のブランドにこだわりがあって、似たようなものがあってもそのブランドで買ってしまう」(33歳/その他/その他)

・「40万円の腕時計。仕事の都合上、強力な磁気に浴びることがあり、ほとんど使えない」(28歳/商社・卸/営業職)

・「少し高いかなって思う洋服を結局買ってしまうことです」(34歳/医療・福祉/専門職)

身だしなみに気を使うのは、立派な自己投資ではありますが、何事も、やりすぎてしまえばただのムダ。同じ額のお金をかけるにしても、自分をベストな状態にしてくれるものを選びたいですね。

■維持費のかかる車

・「昔10年ローンで外国産のバイクを買ったが、払い切るまでに売ってしまった」(34歳/食品・飲料/その他)

・「今年買い換えた車。維持にお金がかかって大変だから」(35歳/情報・IT/その他)

・「やや高級な新車を買った。年収ベースで考えると高い」(26歳/その他/その他)

・「自家用車の買い替えの時期。乗れるのに乗り換える」(32歳/自動車関連/技術職)

最近では、「若者の車離れ」なんて言われますが、まだまだ車が好きな人はいるようですね。実用的で、必要だからこそ買ったものなら「ムダ」ではありませんが、まったくの趣味だとすると、ちょっとムダ使いになってしまうかもしれません。

■ちょっと背伸びした食べもの

・「質の高い食料品を買っているときは、値段の高さから少しそう思います」(28歳/その他/その他)

・「胃腸のためとはいえ、毎日ヤクルトを飲んでいるのは不相応だと感じています」(32歳/その他/その他)

・「回らない寿司に入ったとき! そこがあまりおいしくなくて、ムダ使いしたなと思ってしまった」(32歳/ソフトウェア/その他)

・「オーセンティックなバー。多少背伸びをして飲んでいる」(32歳/その他/クリエイティブ職)

服飾品のお金は抑えても、食べるものだけは妥協したくない、というグルメな人もきっといるのではないでしょうか。豊かな食事は、豊かな精神を作る大切な要素でもありますし、一概に「ムダ使い」とは言えないかもしれませんね。でも、食材をムダにしてしまったら、それはNGですよね。

■まとめ

小さなムダ使いも積み重ねていけば、大きな額になります。ちりも積もれば……というやつですね。必要なときに、必要なお金がない、なんてことにならないためにも、本当に「ムダ」な部分は減らしていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数男性203件(25歳〜35歳の働く男性)