28日、法制晩報によると、陝西省にある秦始皇帝陵博物院の兵馬俑の柵内に女性が侵入したとネット上で騒動になったことで、博物院側が取材に応じた。

写真拡大

2016年6月28日、法制晩報によると、陝西省にある秦始皇帝陵博物院の兵馬俑の柵内に女性が侵入したとネット上で騒動になったことで、博物院側が取材に応じた。

【その他の写真】

先日、あるネットユーザーが写真をアップロードし、「観光客の女性が秦始皇帝陵博物院を見学中、兵馬俑の坑の中にコップを落としてしまい、自分で柵を乗り越えて取りに行った」と書き込んだ。これを見たネットユーザーの間では、「自分で坑の中に入って落し物を取りに行って良いものか」をテーマに激論が交わされ、女性を批判する声も少なくなかった。

しかし、博物院の担当者はこのほどメディアの取材に対して、「女性は観光客ではなく、博物院の職員です」と明かし、「観光客がうっかり落とした携帯電話やカメラを職員が取りに入ることはよくあることです。観光客が坑の中に入ることは安全面と展示物保護の観点から禁止しています」と語った。

ただ、ネット上ではこの説明に対して「うそだろう。職員なら通用口があるとか、最低でもはしごを使って登り降りするだろう。写真のようによじ登りはしない」「Tシャツにジーパン姿の職員?制服着ろよ」といった声が上がっており、管理の不備や職員の服装が指摘される事態となっている。(翻訳・編集/北田)