今冬始まるもうひとつのスター・ウォーズ──『ローグ・ワン』のキャラクター詳細が発表

写真拡大

今年12月に公開を控える『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。『エピーソード3』と『エピーソード4』をつなぐアンソロジーを担う、キャストとキャラクターの詳細が明らかになった。ダース・ベイダーも再び登場する。

「今冬始まるもうひとつのスター・ウォーズ──『ローグ・ワン』のキャラクター詳細が発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のキャストとキャラクターの詳細が明らかになった。

『ローグ・ワン』は、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でほとんど語られることのなかったシーン──反乱軍はデス・スターの設計図をどうやって盗んだのか──を描く、シリーズのなかでも最も神秘的な作品のひとつだ。『エピソード4』の、そしてオリジナル3部作の物語の始まりとなる強盗映画である。

『ローグ・ワン』が、大胆な作戦を実行するために集められたはみ出し者たちを描く作品であることはわかっていた。だがその予告編を見ても、映画自体についてはあまりわからなかった。いままでは。

Entertainment Weekly』が作品のメインキャストを公開し、キャラクターのバックグラウンドや映画のプロットにかんするいくつかのヒントが明らかになっている。

ハリウッド版の『GODZILLA ゴジラ』や『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・エドワーズがメガホンを取る本作は、これまでのスター・ウォーズ作品と比べて少し暗いトーンをもった作品になるかもしれないという噂もある。キャラクターのプロフィールを見てみると、どうやらそれは本当のようだ。

ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)
波乱万丈な過去をもつ不良少女。ジンは反乱軍に捕らえられ、彼らのために仕事をすることになる。宇宙の裏社会をよく知りサヴァイヴァル能力にも長けた彼女は、本編でいうハン・ソロにあたるだろうか。でも、あまり彼女に感情移入しないほうがいいかもしれない。ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディは「彼女はこのストーリーにおけるジャンヌ・ダルクになる」と語っているが、本物のジャンヌ・ダルクはハッピーエンドを迎えることはなかったのだから。

キャプテン・カシアン・アンドール(ディエゴ・ルナ)
厳格な反乱軍の将校。ジンの教育係を務めることになる。ジンとは正反対のキャラクターで、帝国軍への襲撃の仕方をよく知るヴェテランも気まぐれな彼女には手を焼くかもしれない。

チラット・イムウェ(ドニー・イェン)
ジェダイではないがその流儀を学ぶことに人生を捧げるチラットは、スター・ウォーズ神話のなかでも興味深い存在だ。それによって彼は目の見えないことを克服し、素晴らしい戦士になれたのである。

ベイズ・マルバス(ジャン・ウェン)
チラットの友達だが、ジェダイについては懐疑的。フォースよりもブラスターと鎧により信頼を置くベイズのことを、ケネディは「(『ドン・キホーテ』でいえば)チラットに対するサンチョ・パンサ」と表現する。

ソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)
『ローグ・ワン』に登場するオリジナルではないキャラクターの1人。ソウはアニメ版のスター・ウォーズ、『クローン・ウォーズ』で最初に登場した。経験豊富なファイターであり、『クローン・ウォーズ』では帝国軍と戦った人物だ。

ボーディ・ルーク(リズ・アーメド)
ハン・ソロと同じく頭に血が上りやすいタイプが、神経質なところはソロとは正反対である。ボーディ・ルークは熟練の技術者で、彼の船はミレニアム・ファルコンと違って信頼できるだろう。

K-2SO(アラン・テュディック)
通称「K-2」。この図体の大きいロボットは、C-3POやBB-8というよりはチューバッカに近いキャラクターだ。歯に衣着せぬ、パワフルなセキュリティードロイドのK-2は、なにやら以前の過ちを償うことを望んでいるという。興味深い設定だ。

ガレン・アーソ(マッツ・ミケルセン)
ジンの生き別れの父親で、帝国軍と反乱軍の両方がその行方を探している天才である。最初の核兵器をつくった天才物理学者ロバート・オッペンハイマーのように、ガレンがデス・スターの開発に何らかの関係があると考えるのは決して的外れではないだろう。だがもっと重要な問いは、なぜ彼が自分の娘を置き去りにしたのかということだ。

オーソン・クレニック長官(ベン・メンデルソーン)
本作における悪役の1人。野望を抱く帝国軍の将校で、反乱軍をデス・トルーパーの戦隊によって叩き潰そうとする。力をもった、非常に頭の切れる敵で、はみ出し者のヒーローたちの前に立ちふさがる。

クレニック長官だけが主人公たちが直面する脅威ではない。シス卿やダース・ベイダーも登場予定である。といっても、ベイダーのシーンにはあまり期待しないように。「彼はほとんど映画には登場しません。でも、物語のキーとなる重要な瞬間に姿を見せることになるでしょう」とキャスリーン・ケネディは言っている。ちなみに、ダース・ベイダーの恐ろしい声を演じたジェームズ・アール・ジョーンズが『ローグ・ワン』でもベイダー役を務める。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日公開予定。

INFORMATION

『WIRED』が贈る、「スター・ウォーズ」特設ページ公開中!

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』をもっと楽しむべく、『WIRED』日本版VOL.18「スター・ウォーズ」特集のコンテンツとウェブでしか読めないストーリーを公開! SWを生み出したILMの40年史を辿る貴重な証言集、新「スター・ウォーズ」を担うことになった6人の猛者たちへのインタヴュー、監督J.J.エイブラムスの真髄に迫る論考…and more!