「16色の赤」がひとりひとりの魅力を引き出す!

写真拡大

資生堂は、世界88の国と地域で展開する「SHISEIDO」から「赤」を極めた高機能口紅「ルージュルージュ」を2016年7月1日に発売する。

1897年に化粧品として初めて発売した赤い化粧水「オイデルミン」や花椿マークなど、資生堂のアイデンティティーカラーでもある「赤」を全16色の口紅で展開。ひとりひとりに似合う赤が見つかるという。

独自の赤の発色技術「SHISEIDO バイブラント レッド テクノロジー」を採用。最も古い赤色顔料「ベンガラ」を配合した口紅に、水をはじき油と混ざりやすくする独自の表面処理技術を施すことにより、鮮やかなのに肌になじみやすい発色を叶えた。また、動く唇と一体化してぴったりとフィットする「トゥルーフィット処方」で内側から発色するような透明感を実現することで、肌色までも美しく見せてくれる。

さらに、唇のうるおいを逃がさずしっかりと抱え込むことで、かさつきのないやわらかさを実現。マグネットキャップを採用しており開閉もスムーズで、女性の所作までも美しく引き立ててくれる。

全国のデパート約230店と総合美容サイト「ワタシプラス」で取り扱う。なお、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店、SHISEIDO THE GINZAでは2016年6月29日から先行発売。内容量4グラム・全16色、価格は各3888円(税込)。