2016年6月28日、富士重工業株式会社の第85期定時株主総会が開催され、同総会において第2号議案として付議していた「定款一部変更の件(商号の変更)」が承認されました。

すなわち、事前に発表があったように、2017年4月1日をもって、同社の社名は「株式会社SUBARU」(英文表記:SUBARU CORPORATION)に変更されることが決定したというわけです。1

1917年に創設された飛行機研究所(後の中島飛行機株式会社)を源流とする富士重工業が設立したのは1953年。SUBARUというブランドが生まれたのは1958年です。

もともとは四輪車に付けられたSUBARUブランドが生まれる以前には、スクーターの「ラビット」ブランドなどでも知られた富士重工業。富士重工業の頭文字を使った「フ」をモチーフとしたロゴを使っていた時代もありました。

社名をアルファベットにすることで、グローバル企業としてのステップアップを期待させるのはもちろん、『すばる』という美しい響きの日本語をアルファベットにして展開することで、日本のものづくりを感じさせるブランドとなることも想像させる社名変更です。

(山本晋也)

さらば富士重工業、 2017年度から社名がSUBARUになることが決定!(http://clicccar.com/2016/06/29/382344/)