家でもオフィスでも学校でも、あなたのそばにある一番身近な存在ってなんでしょうか?

多くの人にとってそれはスマホではないでしょうか。

総務省の「平成26年通信利用動向調査」によると、平成26年末時点でのインターネット利用者数は、10,018万人(前年比0.3%減)、人口普及率は昨年末と同様の82.8%。軽く1億人を超えています。

また、ニールセンのインターネット基礎調査によれば、日本でほぼ毎日スマートフォンを利用している人数は、およそ3,996万人。それだけ多くの方々が、毎日のように長時間利用しているのが、スマホなのです。

それだけ多くの時間に接しているスマホだからこそ、使い方次第で、運気だって変わってくるかもしれません。

今回は、『スマホ開運術』を提唱する富士川碧砂先生に、恋愛運に大きな影響を及ぼすスマホでやってしまいがちなNG行動と、その改善の方法を教えていただきました。

 

■スマホNGその1:着信音が初期設定のまま

「着信音って、ふとした瞬間に聞こえてくるものだから、願いを叶えてくれるという“潜在意識”への影響がとても強いのよ」と富士川先生。

スマホから出る“音”にこだわってみましょう。例えば、自分にとって、金運を上げてくれそうな方からの着信音を、“豊かさを連想できる音”に変更してみるといいかもしれません。

自分にとって心地いい音や、これを聴くとテンションが上がるといった音を厳選して使うことで、その音を聴くたびにが運気が向上するそうです。

明るい感じ、ゴージャスな感じ、結婚式のセレモニーで使われそうな音楽。あなたのお好みは、どのような音でしょうか?

 

■スマホNGその2:元カレの連絡先や写真を残してる

恋は終わったはずなのに、なぜかケータイやスマホの中に、元カレとのメールや写真がいっぱい……。「なんとなく、惰性で……」といった場合も多いのではないでしょうか? 筆者も身に覚えがございます。

ただし、これは絶対にやめておきたいNG行為だそう。「でも、やっちゃってる人はとっても多いのよね〜」と富士川先生。“潜在意識”が、まだカタがついていないと判断してしまうとのことなのです。

元カレの写真などには、別れの際に感じた“嫌な気分”がしっかりと残ってしまっています。これでは、新しいご縁も結ばれにくいというものです。

カレに限らず、誰かとケンカしてしまったときの電話の着信履歴も、せっせと消しましょう。こまめに削除することで、運気が回復しますよ。

また、自分にとって「どうでもいいな〜」と思う人のアドレスも、定期的に消してみて下さいね。ここは罪悪感なしでいきましょう!

見るとテンションが下がっちゃうような写真も、どんどん消してください。スマホのデータを軽くしておくことで、恋のチャンスが入り込みやすくなるそうですよ。

こうしたスマホのデータ整理は、通勤電車内などのスキマ時間でもかんたんに取り組めます。お部屋の掃除よりも、体力がいらないのも助かりますよね。これを機会に、データをさくさく削除してみてはいかがでしょうか?

空いたスペースには、必ず以前よりも良いものが入ってきます。安心して消しましょう。消すたびに、不思議と心が強くなっている自分に気づくはずですよ。

 

■スマホNGその3:本命カレに、LINEのキモスタンプを送ってる!

付き合って長い、ラブラブな彼氏に対してなら問題はないのですが、これからラブな関係になりたいな〜って思っている本命カレには、おじさんのスタンプだとか、キモい感じのスタンプは送らないようにしましょう。

これは、カレの中で、あなたが“恋愛対象になれるか否か”という最大の勝負時には、特に気をつけたいことです。

筆者の知人S氏(30代前半・男性)も、「大量に送られてくるスタンプのキャラのイメージが、もうその人の印象になっちゃって。その人といえば、もはやそのスタンプのキャラにしか見えなくなった」と語っています。

やはりLINEスタンプは、自分のイメージに繋がると考えてもよさそうですね。

「面白いからいいじゃないの!」と思う人もいるかもしれませんが、カレに送るスタンプのイメージは間違いなく、あなたという存在とともに、カレの中にインプットされ続けていきます。

それが、「キモい」になっていたとしたら、泣くに泣けませんよね。やはり本命カレには、定番中の定番のような、ラブリーな女子力高い系スタンプで攻めてみましょう!

面白さアピールは、恋愛が安定してからでも遅くありませんよ。キモスタンプを送り合うのは、ひとまず仲良しの女友達だけにしておきましょうか。

 

いかがでしょうか?

スマホで、ついついやってしまいがちなNG行動を3つご紹介いたしました。気になるものから、試してみて下さいね!

 

【関連記事】

ぎくっ!? 言ってるかも…彼を萎えさせるNGワード4つの「D」

※ ドツボにハマるその前に!わずか三日で「開運」しちゃう3つの方法

※ ダメんずホイホイから卒業!春までに「男運」アップする開運術まとめ

※ ローラから学ぶ!「世界で激モテの極上女」になる4つの成功法則

※ オトコにトコトン愛される!魔法の言葉「恋するさしすせそ」とは

 

【姉妹サイト】

※ 佐々木希級美人でも「男が付き合いたくない女」1位ヒステリー、2位は

※ ウッ…やりがち!「良縁を遠ざけてしまう」意外なNG行動3つ

 

【参考】

※ 平成26年通信利用動向調査の結果 - 総務省

※ ほぼ毎日インターネットを利用する人は5,610万人〜 ニールセン、デバイス毎のインターネット利用状況を発表 〜

 

【取材協力】

※ 富士川碧砂・・・現役声優・寺瀬今日子として、30年のキャリア。臨死体験を機に霊能者の祖母の影響で、オーラ透視や各種占いをマスター。占いコンテンツ『魂の憑代』。著書『運を操る魔法』など。新刊『開運和柄』(仮)出版予定。

 

【画像】
Peter Bernik / Shutterstock