27日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによると、米ニューヨークの高級老舗ホテル「ウォルドーフ・アストリア・ニューヨーク」が、客室の約4分の3を分譲マンションに改築される予定であることが分かった。写真はウォルドーフ・アストリア・ニューヨーク。

写真拡大

2016年6月27日、米紙ウォール・ストリートウォルドーフ・アストリア・ニューヨーク・ジャーナルによると、米ニューヨークの高級老舗ホテル「ウォルドーフ・アストリア・ニューヨーク」が、客室の約4分の3を分譲マンションに改築される予定であることが分かった。

ウォルドーフ・アストリア・ニューヨークは歴代の米大統領が宿泊する高級老舗ホテルだったが、2014年に中国保険大手の安邦保険集団が米ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスから19億5000万ドル(当時の為替レートで約2100億円)で買収した。安邦保険集団によると、1413室ある客室の約4分の3にあたる1100室を取り壊して分譲マンションにし、300〜500室を豪華客室に改装する予定だという。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「米国でも特にニューヨークの不動産には中国人の投資家たちが殺到している。これは全く良い兆候ではない」

「中国人は米国の雇用が中国に移されるのを待ってはいない。彼らは私たちの元にやって来て、取って行くのだ」

「外国資本が米国の不動産を購入する度に、私たちの国は弱体化していく」

「中国合衆国になる」

「不名誉なことだ。あの一流のホテルに泊まったのは良い思い出だ」

「中国人たちは既にカリフォルニア州とネバダ州を所有している。次はニューヨークのようだな」

「世界が私たちを飲み込もうとしている」

「ドナルド・トランプ氏が言っていたように、外国人が米国を買い占めようとしている」(翻訳・編集/蘆田)