25日、世界で最も高い場所にあり、最も長いガラス大橋の安全性試験の様子が一般公開された。重さ2トンの乗用車がガラス床を何度も往復し、30人あまりがハンマーを床面に思い切り振り下ろし、体重約75キロの成人男性10人余りが同時にジャンプした。

写真拡大

25日、世界で最も高い場所にあり、かつ最も長い湖南省張家界大峡谷のガラス大橋の安全性試験の様子が一般公開された。重さ2トンの乗用車がガラス床を何度も往復し、30人余りがハンマーを床面に思い切り振り下ろし、体重約75キロの成人男性10人余りが同時にジャンプした。湖南日報が伝えた。

【その他の写真】

今回公開実施された安全性試験では、ガラス大橋の安全性と積載荷重が全面的に検証された。このガラス大橋は建設当初から世界中の関心を集めた。世界レベルの橋かつ観光景観プロジェクトである同橋の建設は、建材、ガラス技術、防風防滑、抗圧、抗風、抗凍結などさまざまな技術的難関を次々と突破した。
 
30人余りがハンマーで代わる代わるガラス床を叩き、重さ2トンの乗用車がガラス床を何度も往復した。

ガラス大橋はほぼ完成、プロジェクト全体の検収が終了すれば、一般公開される。(提供/人民網日本語版・編集/KM)